スペインサッカー、美学と不条理BACK NUMBER

クラブは赤字、選手はフェラーリ……。
「余命5年」のリーガに未来はあるか? 

text by

工藤拓

工藤拓Taku Kudo

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/10/06 08:01

クラブは赤字、選手はフェラーリ……。「余命5年」のリーガに未来はあるか?<Number Web> photograph by AFLO

メッシ、C・ロナウドという世界最高の選手二人を抱えるリーガ・エスパニョーラの足元が揺らいでいる。

「このままの状態が続けばスペインフットボールは死に絶える。私は1年前、リーガ・エスパニョーラはあと10年の寿命だと予想したが、今は長くて5年と見ている」

 先日、フットボールと経済の関係に詳しいバルセロナ大学経済経営学部ホセ・マリア・ガイ教授の発言が話題になった。

 元エスパニョールの役員でもある教授は、ヨーロッパフットボールにおける5大リーグ(イングランド、ドイツ、スペイン、イタリア、フランス)の経済状況を多角的に分析した「スペインとヨーロッパフットボールの経済状況報告」を毎年発表している。この発言は、5回目を迎えた今回の発表の中で飛び出したものだ。

収益を伸ばしているのはバルサとレアルの2強だけ。

 教授の発表によれば、ヨーロッパ全体が経済危機に苦しむ中、フットボールがもたらす収益は毎年4%の率で増え続けている。それ自体は良いことなのだが、問題はそれを上回るスピードで支出額が増え続けていることにある。

 '10-'11シーズンのリーガ・エスパニョーラを例に挙げると、全20クラブの総収益16億6900万ユーロに対して支出は18億3000万ユーロに上り、1億6100万ユーロの赤字を計上した。こうした各クラブの赤字経営が年々積み重なった結果、リーガにおける過去5年間の累計赤字は9億8800万ユーロに上っている。

 しかもスペインの場合、実際に収益を伸ばしているのはバルセロナとレアル・マドリーの2強だけで、他のクラブは5年前から横ばいもしくは下降状態が続いている。今季は過去5年間伸び続けてきたリーグ全体の総収益も前年比6%減少し、'07-'08シーズンは全体の43.38%だった2強の年間予算が今季は53%を占めるに至った。

 このような事態を招いた原因は何なのか。教授は次のように説明する。

「フットボールは2つの危機に苦しんでいる。1つは一般的な危機、もう1つは各クラブが自らもたらした危機だ」

【次ページ】 不況の煽りを受け、ファンのスタジアム離れも。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
バルセロナ
レアル・マドリー

ページトップ