野球のぼせもんBACK NUMBER

ホークス・東浜巨がエースキラーに。
“工藤塾”と特別な調整法で覚醒!

posted2016/06/22 07:00

 
ホークス・東浜巨がエースキラーに。“工藤塾”と特別な調整法で覚醒!<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

6月20日に26歳を迎えた東浜。センバツ優勝、東都大学リーグの完封記録と、輝かしい過去を持つ男は、プロ4年目で再び開花しつつある。

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 キドコロだけじゃない。

 ヒガシハマも、覚醒中だ。

 ホークスの東浜巨が「エースキラー」と化している。イーグルス則本昂大、マリーンズ涌井秀章、カープ黒田博樹、スワローズ小川泰弘。各チームの大黒柱との投げ合いを次々と制してきた。6月10日のジャイアンツ戦は自身に勝ち星こそつかなかったが、やはりエースの菅野智之と互角に渡りあう力投で、チームの勝利に貢献した(スコア2対1)。今季ここまで5勝0敗、防御率2.08。今季の開幕は二軍スタートだった右腕が、強力なホークスの先発ローテ陣でも欠かせぬ存在となっている。

 あの東浜である。これくらいの活躍は当然との見方もあるだろう。

ドラフト時は即戦力ナンバーワンの呼び声が。

 沖縄尚学高校でセンバツ甲子園優勝投手になった。プロスカウトからの評価は絶大だったが、あえてプロ志望届を出さずに亜細亜大学に進学した。東都大学野球リーグで通算35勝、リーグ新記録の22完封と420奪三振。それらの実績を引っ提げて3球団競合のドラフト1位でプロに入った。年齢こそ違えども、同期の1位入団には大谷翔平(ファイターズ1位)、藤浪晋太郎(タイガース1位)がいる。話題性では彼らに及ばなかったが、即戦力ナンバーワンでは間違いなく東浜、とプロの評論家たちも太鼓判を押すほどだった。

 しかし、期待は裏切られた。3勝、2勝、1勝。過去3シーズンの白星である。

 東浜の投球は、どこか弱弱しかった。

 高校時代に最速150キロをマーク。大学入学後は152キロまで伸ばしたが、大学3年生時に右肘を故障したことでスピードががくんと落ちた。ホークス入団すぐの頃は140キロそこそこしか出なかった。それでも大学時代は抑えていた。

【次ページ】 大学で通用した戦術がプロで通用しなかった。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
東浜巨
工藤公康
福岡ソフトバンクホークス
則本昂大

ページトップ