スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

レブロンこそ「スーパーヒューマン」。
NBAファイナルで、常識は覆った。

posted2016/06/21 11:20

 
レブロンこそ「スーパーヒューマン」。NBAファイナルで、常識は覆った。<Number Web> photograph by AFLO

3度目のNBAチャンピオン、そして3度目のファイナルMVPに涙を見せたレブロン・ジェームズ。まだ“王”の座は渡せない。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

AFLO

 超人の前では、「常識」は通用しなかった。

 最終戦までもつれ込んだNBAファイナル、最後の最後に超人的な活躍を見せ、クリーブランド・キャバリアーズに初優勝をもたらしたのは、レブロン・ジェームズだった。

 アービングの勝負強さも素晴らしかったが(勝負を決める3ポイントシュート!)、ジェームズはまさに超人的だった。

 それに対抗するはずの、ウォリアーズの「民主化オフェンス」(素早いパスさばきで、フリーの選手を作る)には徐々に疲れが見え、特にエースのステフィン・カリーがアーティスティックなシュートを決められなかった。

 第7戦、レブロンの3つのプレーには、完全に脱帽せざるを得なかった。

 89-89の同点で迎えた残り1分50秒、ウォリアーズがターンオーバーを奪い、速攻に転じてアンドレ・イグダーラの2点レイアップは確実……と思った瞬間、疾風のごとく帰陣したレブロンは、ブロックでこのピンチを防いだ。

 第7戦。試合の終盤。疲れなど微塵も感じさせなかった。もしも、ここでウォリアーズが2点を取っていれば、グッと優勝へ近づいていたはずだ。

 アメリカのテレビ局で解説を務めていたジェフ・ヴァン・ガンディは、

「スーパーヒューマン・ディフェンシブ・リカバリー」

とコメントした。

 これ以上の賛辞はないだろうし、付け加えることもない。

エジーリに格の違いを見せたレブロン。

 そしてもうふたつは、レブロンが相手の採った戦術にダメージを与えたシーンだ。

 第4Qの残り5分24秒、キャバリアーズは4点を追っていた。ウォリアーズのスティーブ・カー・ヘッドコーチは、インサイドのディフェンスを強化するためか、長身のフェスタス・エジーリをコートに送り込んだ。

 しかし、レブロンはエジーリを外におびき出し、中で仕事をさせようとはしない。3ポイントシュートのフェイクでファウルをもらったのだ。

【次ページ】 相手の策を完全に裏目に出させた力技。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
レブロン・ジェームズ
ステフィン・カリー
スティーブ・カー
カイリー・アービング
ゴールデンステート・ウォリアーズ
クリーブランド・キャバリアーズ
NBA

ページトップ