今日も世界は走っているBACK NUMBER

リオの強盗発生率は日本の660倍!?
金哲彦、4度目の五輪解説を語る。

posted2016/06/03 07:00

 
リオの強盗発生率は日本の660倍!?金哲彦、4度目の五輪解説を語る。<Number Web> photograph by JMPA

ロンドン五輪の陸上競技場はテムズ川やヴィクトリアパークに囲まれた場所にあり、観光にも適していた。

text by

金哲彦

金哲彦Tetsuhiko Kin

PROFILE

photograph by

JMPA

 マラソンや競歩に続きトライアスロンなど、リオ五輪代表が次々と発表されている。

 陸上競技の代表がすべて決まるのは6月の日本選手権まで待たねばならないが、そろそろオリンピックモードにエンジンがかかってきた。

 つい最近、知り合いの新聞記者が開幕直前のリオへ事前取材に行ったという。さっそく、帰国したばかりの記者氏からこんな話を聞いた。

「金さん、リオはやっぱり遠いっすねぇ~」

「そうですよね! なんたって地球の裏側ですから。飛行機で乗り継いで20時間以上でしょ?」

「それにしても、陸上競技場はちょっと不便でしたよ、タクシーで移動したけど、宿泊場所から1時間くらいかかりましたかね~」

「それと……」言いづらそうに記者はつづけた。

「スタジアム周辺は治安の悪さで有名な場所だそうです。スタジアムの外に出るのは危険なので気をつけてください」

「えっ、そうなんですか……(冷や汗)」

 ちなみにブラジル大使館の情報によると、2015年度の人口10万人あたりの強盗発生件数、リオは日本の660倍……。五輪期間中の治安はもちろんしっかり守られているだろうが、油断できない数字である。

ブラジルはもちろんサッカーが最優先。

 リオ五輪の開幕は8月5日、もうすぐだ。ブラジルはサッカー王国なので、サッカー優先のスタジアム事情は耳に入っていた。リオオリンピックの開会式、閉会式、そしてサッカーが行われるのはサッカー専用の「マラカナンスタジアム」だ。

 一方の陸上競技は、メイン会場とは別の場所にある「ジョアン・アベランジェ・スタジアム」で行われる。ボルトよりもネイマール、国が違えば注目されるスポーツも当然違う。

 私自身、解説者としての準備も整い始め、そろそろオリンピックモードに入っている。話を聞いてから考えることもいろいろあったが、郷に入れば郷に従うのみ。どんとこい!

【次ページ】 オリンピックでは、放送スタッフも戦っている。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
リオデジャネイロ五輪
オリンピック
陸上

ページトップ