Number ExBACK NUMBER

高橋尚子と野口みずきが初対談。
スクープ企画の舞台裏と動画公開!

posted2016/06/03 11:30

 
高橋尚子と野口みずきが初対談。スクープ企画の舞台裏と動画公開!<Number Web> photograph by Asami Enomoto

現役引退したからこそ告白できた話題と、2人の涙が溢れた初対談。今でも野口のマラソン記録は日本記録。高橋の記録も歴代3位である。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 かたやシドニー五輪の金メダリスト。かたやアテネ五輪の金メダリスト。ながらくライバルと目されてきた2人のオリンピック・ヒロインが、引退を機にやっとお互いに心ゆくまで語り合う機会を得た。
 雑誌Number903号より、その取材の舞台裏と取材動画を特別公開いたします。

 抱えていた思いが溢れ出した。対談が始まって5分、野口さんの目に涙が浮かんだ。自らの引退レース後、高橋さんと抱き合った場面について、話していた時だった。

「やっぱり、みずきちゃんは私にとって特別な存在なんだよね」

 高橋さんにこう言われると、野口さんが目頭を押さえた。

「ウルッときちゃった」

 高橋さんもそう言って、涙を拭った。

 2人の「心の距離」はこれほど近かったのか――。対談に立ち会いながら、改めて思い知らされた。

高橋尚子と野口みずきの対談は……実現可能なのか?

 高橋さんと野口さんの対談をやろう。編集部内で企画が動き出したのは4月だった。日本人女性選手として陸上競技で金メダルを獲得したのは2人しかいない。可愛らしくも、ビッグな対談だ。

 両者サイドに打診してから1カ月後、スケジュールをすり合わせて、実現が決まった。

 そもそもは今年3月、野口さんが引退レース後、競技場の裏で高橋さんに向けて伝えた言葉が、対談企画の発端であり、核心でもあった。 

「私、高橋さんに言いたいことがあるんです。ずっと選手の時には言えなかったんですけど……。高橋さんに憧れることができたから金メダルも取れたし、日本記録も出せました。ありがとうございました」

 ライバルと言われてきた2人のつながりが表面化したシーンだった。だが、小さな不安もあった。長年、マラソン界のトップを走ってきたアスリート同士、例えば、2004年のアテネ五輪へ向けての選考レースでは紛れもなくライバルだった。事実、当時は1人が笑い、1人が泣く結末になった。現役中は2人の良好な関係が表に出ることもほとんどなかった。本当にお互いへの気持ちを語ってもらえるのだろうか。そんな思いを抱いたまま、当日を迎えた。

【次ページ】 あまりにも自然で、喜び溢れていた2人の再会。

1 2 3 NEXT
高橋尚子
野口みずき
アテネ五輪
オリンピック

ページトップ