沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

マカヒキは「強い馬ほどよく眠る」!?
ダービーの朝も眠そうな大物ぶり。

posted2016/05/30 11:40

 
マカヒキは「強い馬ほどよく眠る」!?ダービーの朝も眠そうな大物ぶり。<Number Web> photograph by Kyodo News

上位人気3頭が抜け出した東京の直線、最後はマカヒキがハナ差で制した。このライバル関係はしばらく続きそうだ。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 前評判どおり、ハイレベルな激戦となった第83回日本ダービー(5月29日、東京芝2400m、3歳GI)を制したのは、川田将雅が乗る3番人気のマカヒキ(牡、父ディープインパクト、栗東・友道康夫厩舎)だった。好天のもと良馬場で行われ、勝ちタイムは2分24秒0。2013年に生まれたサラブレッド6913頭の頂点を決める「競馬の祭典」に、14万人近い大観衆が熱狂した。

 おおかたの予想どおりマイネルハニーが逃げ、1000m通過は1分ちょうど。数字のうえでは平均ペースだが、このメンバーを考えるとスローとも言える。

 そんな流れのなか、好位につけた有力馬は武豊のエアスピネルだけだった。1番人気のディーマジェスティ、2番人気のサトノダイヤモンド、マカヒキらは中団、スマートオーディンはその後ろ、リオンディーズはさらに後方に待機した。

 最後の直線、持ったままで押し上げたエアスピネルが、ラスト400m地点で武のゴーサインを受けてスパート。ラスト300m地点で先頭に立ち、そこから後ろを突き放しにかかる。そのまま脚を伸ばし、ラスト200m地点を通過。武の6度目のダービー制覇が、すぐそこに近づいているように思われた。

皐月賞の上位5頭の着順を入れ替えただけの結果。

 例年ならここで勝負が決まり、エアスピネルが勝っていただろう。

 しかし今年は、もうワンランク上の脚を使う馬がいた。それも3頭も、だ。

 外から追い込んできたマカヒキとサトノダイヤモンド、そしてディーマジェスティが、並ぶ間もなくエアスピネルをかわし、さらに伸びて行く。

 他馬とは異なる次元に突入した3頭だけの戦いが始まり、半馬身ほど前に出たマカヒキに、サトノダイヤモンドが並びかけたところがゴールだった。

 勝ったのはマカヒキ。サトノダイヤモンドはハナ差の2着。ディーマジェスティは半馬身差の3着。エアスピネルはそこから2馬身離された4着。リオンディーズはさらに半馬身差の5着だった。

 皐月賞の上位5頭の着順を入れ替えただけという、珍しい結果(1984年のグレード制導入後初)になった。

【次ページ】 川田「マカヒキがダービー馬になったことが嬉しい」

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ
関連キーワード
マカヒキ
川田将雅
日本ダービー

ページトップ