沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

今年の日本ダービーは「名作」必至。
東京の直線は、マカヒキのために。

posted2016/05/28 08:00

 
今年の日本ダービーは「名作」必至。東京の直線は、マカヒキのために。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

皐月賞の中山競馬場は直線が310m、ダービーの東京競馬場は525m。マカヒキの脚がより輝くことは間違いない。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Yuji Takahashi

 空前のハイレベルと言われている第83回日本ダービー(5月29日、東京芝2400m、3歳GI)のスタートが近づいてきた。

 今年の3歳牡馬クラシック戦線には、例年なら「一強」の大本命になってもおかしくない馬が4、5頭いる。

 なかでも、敬意を表して最初にとり上げるべきなのは、皐月賞を制したディーマジェスティ(牡、父ディープインパクト、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)だろう。単勝8番人気の伏兵と見られていたが、差し届いたと思ったら、突き抜けていた。

 陣営は、以前から左回りのほうがいいと感じていたという。あまりよくないと思われていた右回りであの強さなのだから、順調に調整され、さらに成長した今、適性のある舞台でどんな走りを見せてくれるのか。

 過去10年で[4-2-0-4]という絶好の1枠1番を引き当て、よりおあつらえ向きの舞台設定になった。

 鞍上の蛯名正義は、デビュー30年目で24度目のダービー参戦。2012年のフェノーメノでは鼻差、2014年のイスラボニータでは3/4馬身差の2着に泣いた。悲願の初制覇なるか、注目必至だ。

産駒の中で、最も父に似た走りのマカヒキ。

 皐月賞で2着だったマカヒキ(牡、父ディープインパクト、栗東・友道康夫厩舎)の逆転も充分考えられる。ラスト3ハロンはディーマジェスティの34秒0を凌ぐメンバー最速の33秒9。こちらも明らかに中山より東京のほうがいいタイプだ。

 操縦性の高い馬なので、初めての左回りも心配ない。また、どのポジションでも折り合えるので、距離延長は歓迎だろう。皐月賞と同じ2枠3番からロスなく進める。

 何より強調したいのは、今年のダービーに出てくる6頭のディープ産駒のなかではズバ抜けて、そして歴代のディープ産駒のなかでも一番と言っていいほど、父に走りが似ている、ということだ。府中の直線で「飛ぶ」サラブレッドの姿を、今週末久々に見られそうな気がする。

【次ページ】 10回やって一番多く勝ちそうなのはサトノダイヤモンド。

1 2 3 NEXT
1/3ページ
関連キーワード
マカヒキ
サトノダイヤモンド
ディーマジェスティ
日本ダービー

ページトップ