Number ExBACK NUMBER

ロンドンの栄光から4年間の苦悩。
鈴木聡美が挑む3つ目の“運命の一戦”。

posted2016/05/24 17:00

 
ロンドンの栄光から4年間の苦悩。鈴木聡美が挑む3つ目の“運命の一戦”。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

ロンドン五輪では、日本人の女子競泳選手として初めて五輪の個人種目で複数メダルを獲得。低迷の時期を乗り越え、リオへ挑む。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 誰にでも「運命を変えた一戦」はある。

 鈴木聡美選手の場合は、もちろんロンドン五輪だ。100m平泳ぎで銅、200m平泳ぎで銀、そして最終日のメドレーリレーで再び銅メダルを獲得。1大会3個のメダル獲得は日本の女子競泳史上初という栄誉をともなった4年前の夏に、彼女の運命は変わった。

 その後の3年におよぶ大失速とともに……。

五輪選考会前、暗中模索の中で取材を決めた。

 今回のNumber PLUS「運命を変えた一戦。」のラインナップに鈴木聡美選手を加えることは、すんなり決まった。あの栄光から3年間、彼女を何が襲い、どうして不振に陥ってしまったのか。その物語を描くことは、オリンピックという4年に1度の大舞台のいわば「光と影」を描くことにもつながるのではないか――ライターの松原孝臣さんと、彼女が練習する山梨学院大学に向かう車中でそんな話をした。2月中旬、小雪まじりの曇天の日だった。

 しかし、一方で大きなリスクもあった。もし4月の日本選手権兼リオ五輪代表選考会で結果が出なかったら……。水泳は一発勝負で決まるため、どんなに実績を残した選手でも、決勝で派遣標準記録を切って、2位以内に入らなければ、代表に選ばれることはない。代表に選ばれたら、ハッピーエンドとして記事をまとめることができるが、もしダメだったら、どんな記事になるのか。Number PLUSの発売は5月12日。すでに結果は出ている。私たち取材陣も暗中模索で、取材を進めるしかなかった。

「結果がどうあろうと、鈴木選手の記事を掲載したいと思います。ですから、これからの2カ月間、鈴木選手の挑戦に密着させてください!」

 開口一番、山梨学院大学水泳部・神田忠彦監督にそう告げると、

「うれしいねえ。どんな形であれ、私たちを応援してくれるのは。なおさら頑張らないとね」

 と、快く了承してくれた。

【次ページ】 日本記録とほぼ変わらないタイムでの調整。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
鈴木聡美
ロンドン五輪
リオデジャネイロ五輪
オリンピック

ページトップ