オリンピックへの道BACK NUMBER

北島康介を超えられるか?
五輪の“お家芸”平泳ぎの継承者達。

posted2016/06/26 11:30

 
北島康介を超えられるか?五輪の“お家芸”平泳ぎの継承者達。<Number Web> photograph by Shingo Ito/AFLO SPORT

渡辺(左)、小関とも初の五輪。日本選手権後、渡辺は「日本のブレスト界を引っ張っていきたい」と力を込めた。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Shingo Ito/AFLO SPORT

 栄光のあとを受け継いでいけるか。

 競泳のリオデジャネイロ五輪日本代表選手たちは、海外で、あるいは国内でと、大会への調整に余念がない。

 このところのオリンピックで、常に複数個のメダルを獲得してきた競泳は、萩野公介、瀬戸大也、金藤理絵などリオでも有力選手が少なくなく、その活躍が楽しみな競技だ。

 その中に、先輩に続けと虎視眈々と大舞台を見据える選手がいる。

 1人は平泳ぎの小関也朱篤である。

 188cmと日本の平泳ぎでは大柄な小関が注目を集めたのは2014年のことだった。この年の日本選手権の100mで優勝するなどし、日本代表に。8月のパンパシフィック選手権で100、200mの2冠を達成したのである。その後も、常に世界ランクの高い位置にいる存在となり、昨年は4月の日本選手権で出した200mの記録で世界ランク1位に躍り出た。年間を通じても世界2位に位置する記録だった。

大学時代にようやく表舞台に出てきた異色のスイマー。

 異色の存在でもある。

 競泳の日本代表クラスの選手の多くは十代で台頭する。だが小関は、高校生の頃まで無名に等しい存在だった。高校選手権の平泳ぎ100mで3位になったのが目立つ成績だ。

 転機は日本体育大学に進学して訪れた。入学してからしばらくの間、自由形に取り組み、大学3年から平泳ぎへと転向した。すると、見違えるようにタイムがあがっていった。指導を受ける藤森善弘コーチの、まずは体作りが大事だという考えから始めた自由形で培われた体力とパワーが功を奏したのである。

 そして、日本代表として国際大会に出場するようになるばかりか、世界でもトップクラスのタイムを出せるまでになったのだ。

 ただし、どこか力を出し切れない面もあった。平泳ぎ200mで2分7秒77、世界ランク1位の持ちタイムで臨んだ2015年の世界選手権は2分9秒12とタイムを大幅に落とし5位に終わったのはその象徴かもしれない。気負いや力みであったり、メンタル面が課題だった。

【次ページ】 北島康介を抜いて、初の五輪代表の切符を手に。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
小関也朱篤
渡辺一平
北島康介
リオデジャネイロ五輪
オリンピック
水泳

ページトップ