Number ExBACK NUMBER

競馬界で一人勝ちの超巨大牧場。
ノーザンファームの内部に潜入!

posted2016/05/24 12:00

 
競馬界で一人勝ちの超巨大牧場。ノーザンファームの内部に潜入!<Number Web> photograph by Asami Enomoto

国内最大級の牧場であるノーザンファームは1994年に創立された。ここで生産された名馬たちのリストを見ているだけでも楽しい。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

日本の競馬界に燦然と君臨する巨大生産者、ノーザンファーム。
日本ダービーを特集したNumber902号では、他牧場の追随を許さないその進化の秘訣に迫っている。

「予定の時間、間に合うかな……」

 北海道で車を走らせながら、ふとそんな事が頭に浮かんだ。ナビ通りに道を進み、目的地にはたどり着いた。

 たどり着きはしたのだが、その敷地があまりにも広いのだ。いつまでたっても約束の場所に到達しないのである。

「ノーザンファームに行ってみたら、とにかく驚くと思うよ。こことは全く違うから。同じ牧場といってもやっている事の規模が違う。あそこまで巨大な牧場だと風景も全然、違ってくるからね」

 以前、取材に伺ったある牧場の方から、そんな言葉を聞いていた。だから何となく「広い」というのは知っているつもりだった。だが、総面積で東京ドーム約255個分の敷地を持つ巨大牧場の広さは、その想像の遥か上を行っていた。

ダービー出走予定馬の過半数の生産地。

 アジュールローズ、イモータル、サトノダイヤモンド、プロディガルサン、プロフェット、マウントロブソン、マカヒキ、リオンディーズ、レインボーライン、レッドエルディスト――。

 ディープインパクトを育てた池江泰郎元調教師をして、「史上最高レベル」と言わしめる今年の3歳馬たち。過去に類を見ない最高レベルの年にあってなお、出走18頭の半数を超える上記10頭のダービー出走予定馬をノーザンファームがここで生産されている。今季、ここまでの重賞勝利数も全体の半数を超え、まさに競馬界で一人勝ちの様相を呈している。

 その強さの秘密を紐解くべく、苫小牧市と早来町にまたがる巨大牧場を訪ねた。冒頭のようにその広さに圧倒されながら、ようやく時間ギリギリでたどり着いたのが、ノーザンファームの象徴でもある長距離屋内坂路の展望室だ。

【次ページ】 雪降る冬でもOK、効率よい調教環境。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ノーザンファーム
アジュールローズ
イモータル
サトノダイヤモンド
プロディガルサン
プロフェット
マウントロブソン
マカヒキ
リオンディーズ
レインボーライン
レッドエルディスト
ディープインパクト

ページトップ