サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

向かい風こそが五輪代表の「常態」。
故障で守備陣半壊のU-23、策は?

posted2016/05/23 12:20

 
向かい風こそが五輪代表の「常態」。故障で守備陣半壊のU-23、策は?<Number Web> photograph by AFLO

岩波、植田、奈良が争うCBはチーム最大のストロングポイントだった。スタイルの根幹から見直しが求められる。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

AFLO

 またか!

 まあホントに、災難続きである。

 5月18日開幕のトゥーロン国際大会に参加しているU-23日本代表は、21日にグループリーグ初戦のパラグアイ戦に臨んだ。イングランド、ポルトガル、ギニアを加えた5カ国が総当たりのリーグ戦を消化し、首位チームは別グループ1位との決勝戦に、2位チームは3位決定戦に臨むのが、南仏を舞台とした今大会のレギュレーションである。試合は40分ハーフで行われ、選手交代は4人まで認められている。

 パラグアイ戦の前半途中に、最初のアクシデントが発生した。

 センターバックの岩波拓也が、左ひざを痛めて負傷退場したのだ。ヴィッセル神戸所属の背番号4はタンカで運び出され、そのまま救急車で病院へ向かった。

 戦線離脱は1人で収まらない。

 前半は左サイドバック、後半は右サイドバックで出場した亀川諒史(アビスパ福岡)が、右足を痛めたのだ。試合後は自力でロッカールームへ戻れず、彼もまたタンカでピッチを後にした。

 パラグアイ戦翌日の時点で、2人の診断結果は出ていない。いずれにせよ、主力格のセンターバックと柔軟性豊かなサイドバックを失ったまま、手倉森誠監督のチームは今大会を戦わなければならなくなった。

リオ五輪出場がほぼ確定している選手達が怪我に。

 大会の行方に、暗雲が漂っただけではない。

 岩波も亀川もリオ五輪のメンバー入りを有力視されていることが、問題を複雑にする。

 リオ五輪前最後の国際大会となるトゥーロン国際は、複合的な意味を持っている。チーム全体のレベルアップは大前提で、メンバーを絞り込みつつオーバーエイジ(OA)を使うか否かの見極めをする。

 OAの招集に乗り出すとすれば、どのポジションに当てはめるのかもトゥーロン国際が判断材料となるはずだった。

 ところが、OAに頼らなくていいはずだったセンターバックが、ここにきていきなり不安材料となりつつある。

【次ページ】 奈良、岩波、亀川……続々と故障選手が。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
手倉森誠
岩波拓也
亀川諒史
松原健
室屋成
山中亮輔
中島翔哉
鈴木武蔵
久保裕也
野津田岳人
喜田拓也
三浦弦太
富樫敬真
リオデジャネイロ五輪
オリンピック
トゥーロン国際大会
サッカー

ページトップ