F1ピットストップBACK NUMBER

父ヨス・フェルスタッペンに捧ぐ――。
F1史上最年少優勝の息子と父の物語。

posted2016/05/22 10:40

 
父ヨス・フェルスタッペンに捧ぐ――。F1史上最年少優勝の息子と父の物語。<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

息子マックスの写真は沢山出回っているので――あえて、息子が優勝したスペインGPでの父ヨス、44歳の写真。

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph by

Hiroshi Kaneko

 F1の長い歴史に、新しい記録が刻まれた。

 第5戦スペインGPで、マックス・フェルスタッペンが初優勝。

 2008年のイタリアGPで初優勝を成し遂げたセバスチャン・ベッテル(当時トロ・ロッソ)が打ち立てた21歳73日というF1史上最年少優勝記録を約3年も縮め、18歳228日というとてつもない記録を樹立したのである。

 M・フェルスタッペンの優勝には、もうひとつの記録が隠されていた。

 それはオランダ人としてのF1初優勝という偉業である。

 フェルスタッペン以前に、オランダ人F1ドライバーは14人いたが、だれも表彰台の頂点に登ることはできなかった。最高位は3位が2回だけ。その2回とも、表彰台に上がったのは、マックスの父親のヨス・フェルスタッペンだった。

「コイツには同じ経験は味わわせたくない」

 だが、J・フェルスタッペンが表彰台に上がったのは、F1にデビューしたばかりの'94年。しかも、当時所属していたベネトンのチームメートにいたのがミハエル・シューマッハだった。

 当時シューマッハは、セナ亡き後のF1界を背負う若きスターで、デーモン・ヒルと初のタイトルを争っていた時期でもあったため、チームの勢力はシューマッハに注がれていた。

 翌年、J・フェルスタッペンはシムテックヘ移籍するも、チームはシーズン途中で破綻。その後、アロウズ、ティレルなどを渡り歩いて、2003年にミナルディで失意のうちにF1のキャリアにピリオドを打った。

 そのJ・フェルスタッペンと久しぶりに話をしたのが、2014年のことだった。M・フェルスタッペンの父親であり、マネージャーとしての再会だった。

 このとき、J・フェルスタッペンが語っていた言葉は、いまでも記憶している。それは、F1の世界でよく聞かれる言葉である。

「F1で成功するには才能だけでは足りない。大切なのは、正しいタイミングで、正しい場所にいること。私はそれができなかったから、コイツには同じ経験は味わわせたくない」

【次ページ】 表彰台を2回経験した後、徐々に消えていったヨス。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
マックス・フェルスタッペン
ヨス・フェルスタッペン
セバスチャン・ベッテル
ミハエル・シューマッハー

ページトップ