“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

Jクラブスカウト注目ナンバーワン!
京都橘高FW岩崎悠人、17歳の苦悩。

posted2016/04/09 10:40

 
Jクラブスカウト注目ナンバーワン!京都橘高FW岩崎悠人、17歳の苦悩。<Number Web> photograph by Takahito Ando

1998年生まれの岩崎は東京五輪世代。代表ストライカーの期待もかかる。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 鹿島、FC東京、G大阪、大宮、横浜FM、浦和、川崎、C大阪、京都、千葉……。4月1日から3日にかけて、千葉県内で行われた船橋招待U-18サッカー大会に多くのJリーグクラブのスカウトが集まった。この大会は市立船橋高が主催となり、東福岡高、前橋育英高、広島皆実高、東京Vユースなど、全国制覇経験のある錚々たる強豪校が集結するとあって、もともと注目度は高かったが、それに輪をかける一人の選手の存在があった。

 京都橘FW岩崎悠人。

 彼の魅力はずば抜けたスピードと、左右両足から繰り出される強烈なシュートにある。一瞬のスピードはもちろん、トップスピードを維持したまま、正確なボールコントロールでDFラインを突破していく。それを警戒してリトリートをしても、今度は強烈なミドルシュートが左右両足から飛んでくる。

「高校世代ナンバーワンタレント」

 彼のハイスペックぶりは、小学校時代にやっていた水泳が大きく影響している。そこで筋力バランスが整い、肩甲骨の可動域や、関節の柔らかさなどが培われた。水泳の実力も本物で、小3と小4でジュニアオリンピックにも出場している。サッカーでは京都橘高で1年からレギュラーを掴み、昨年はU-18日本代表としてAFC U-19選手権予選に出場。今年も高3ながらU-19日本代表に定着をしているタレントだ。

 このハイスペックな才能は、今年の「高校世代ナンバーワンタレント」として、多くの大人達が魅了され、昨年から既にJクラブの激しい争奪戦が繰り広げられている。

 その「渦中の人物」がこの大会に参加していたのだから、各Jクラブのスカウト達が集結するのは、至極当然のことであった。

 その「熱」は凄まじかった。岩崎が所属する京都橘の試合。タッチラインの奥にあるスタンドやフェンスの前には、スカウトがずらりと並び、彼のプレーを食い入るように見ていた。さらに試合が終わり、引き上げようとする彼にスカウトやJクラブ関係者が次々と声をかけ、話をする姿が見られた。

【次ページ】 「金の卵」を指導する監督の思い。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
京都橘高校
岩崎悠人

ページトップ