欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

戦術は一体どこまで進化するのか?
バイエルンとユーベの「4つの布陣」。

posted2016/03/17 18:10

 
戦術は一体どこまで進化するのか?バイエルンとユーベの「4つの布陣」。<Number Web> photograph by AFLO

決勝点となった右足ゴールを決めたチアゴ・アルカンタラ。バルセロナ時代からグアルディオラに重用されてきた男の一撃だった。

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph by

AFLO

 攻撃という意味でも、守備という意味でも、サッカーの教科書に記録すべき、とてつもなく戦術的にハイレベルなゲームだった。

 CL決勝トーナメント1回戦第2レグ、バイエルン対ユベントスは、バイエルンが前半に0-2とリードされながらも、後半28分と後半46分のゴールで同点に追いつき、さらに延長で2点を決め、4-2でベスト8への切符を手に入れた。ペップ最終年、「トリプル」(三冠)の夢はまだ終わらなかった。

 この試合においてまず注目すべきは、ユーベのアッレグリ監督が用意した「2つの守備システム」だ。バイエルンがGKノイアーを中心にビルドアップするときは「4-1-3-2」、バイエルンがユーベ陣内に入ってきたときには「5-4-1」になるという可変布陣である。対ペップの守備戦術として、もしかしたら最高傑作かもしれない。

すべてが融合したユーベの最高のハイプレス。

 1つ目の「4-1-3-2」は、いわゆるハイプレス用の布陣だ。

【FW】ポグバ、モラタ
【MF】A・サンドロ、ケディラ、クアドラド
【MF】エルナネス
【DF】エブラ、ボヌッチ、バルザーリ、リヒトシュタイナー
【GK】ブッフォン

 2トップのモラタとポグバがGKノイアー、CB(センターバック)のキミッヒとベナティアに圧力をかけ、ケディラがアンカーのシャビ・アロンソを激しくチェックする。そしてA・サンドロが右サイドバックのラーム、クアドラドが左サイドバックのアラバの監視役になる。この計5人が労を惜しまない狩猟犬となって、バイエルンを追い詰めた。

 彼らがすごいのは、単純にボールに喰らいつくのではなく、必ず1人で2つのパスコースを消すポジションを取ることだ。パスコースに相手の足が伸びてくると思うだけで、バイエルンの選手はそこにパスを出せなくなる。闇雲に突っ込むとかわされやすいが、各自がこういう「ゾーンディフェンスの基礎」を実行できると、プレスの網が強固になる。身体能力、個人戦術、集団戦術のすべてが融合した最高のハイプレスだった。

【次ページ】 コンパクトではなくても機能する布陣が存在する。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
ジョゼップ・グアルディオラ
マッシミリアーノ・アッレグリ

ページトップ