Number ExBACK NUMBER

「なんで帰ってきたん?」に応える。
柿谷曜一朗、セレッソ復帰の覚悟。

posted2016/03/08 13:30

 
チーム史上最年少の16歳でプロ契約してから10年。天才と呼ばれた男は今年、スイスからセレッソへ帰還した。

チーム史上最年少の16歳でプロ契約してから10年。天才と呼ばれた男は今年、スイスからセレッソへ帰還した。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Hiroshi Nakamura

「(スイスから)帰ってきて早く決めたかったので喜びは大きい」

 3月6日のJ2C大阪対水戸の試合。スイスの強豪バーゼルから今季セレッソに復帰した柿谷曜一朗が決勝ゴールを決めた。昨季はJ1昇格プレーオフで勝ちきれず、今季こそJ1昇格を目指すチームの新キャプテンとして活躍が期待される男が、まずは「結果」を残した。Number897号では、柿谷のインタビューを掲載。復帰を決めた理由、理想とするプレー、そして今季にかける熱い思いまで存分に語っている。

かつて「大阪のクソガキ」と自らを評した。

「大阪のクソガキ」

 4年ほど前の「Number803号」でのインタビュー。柿谷曜一朗は「自分にキャッチフレーズを」と差し出された色紙に即座にそう書いた。

 当時の彼はレンタル移籍していたJ2の徳島からセレッソに復帰したばかりの22歳。徳島での3シーズンで結果を出し、慣れ親しんだチームで、飛躍のチャンスを窺っていた。インタビューをしたライターの城島充さんが語る。

「自分のことを『大阪のクソガキ』と表現するところにやんちゃな印象はありましたが、目の前にいた彼には、『問題児』と呼ばれるほどの棘は感じなかった。インタビュー中に何度も『サッカーができる楽しさを、以前よりも強く感じるようになった』と繰り返してたのが印象的でしたね」

 そんな「クソガキ」はその後、'13年のシーズンに21得点を挙げると日本代表にも選出され、'14年ブラジルW杯のピッチにも立った。そしてその年、スイスのバーゼルへ。「もっと、このセレッソの8番が似合う選手になって帰ってきます」とのメッセージを残して、世界へ飛び出していったのだった。

【次ページ】 柿谷復帰で、練習に来るサポーターの数が増えた。

おすすめスポーツ動画

ページトップ