リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

2強時代を終わらせたアトレティコ。
レアルに体力、気力、戦術で完勝。

posted2016/03/05 10:30

 
ジダンに対して、監督としてのキャリアの違いを見せ付けた形のシメオネ。順位もレアルに勝ち点4差で堂々2位につけている。

ジダンに対して、監督としてのキャリアの違いを見せ付けた形のシメオネ。順位もレアルに勝ち点4差で堂々2位につけている。

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph by

AFLO

 首都最強のチームを決めるダービーで、アトレティコ・マドリーがレアル・マドリーを一蹴した。

 舞台はサンティアゴ・ベルナベウ。

 CLのPSV戦を戦ったオランダから2日前の早朝に戻ってきたばかりのアトレティコに対し、1週間かけて決戦に備えたマドリー。

 キックオフ前、「厳しい一戦になるだろうと思っていた」のはシメオネだけではないはずだ。

 ところが蓋を開けると、ボールの支配権はマドリーに譲りながらも、アトレティコはさほど苦しむことなく試合を運び、53分にグリエスマンが得点してそのまま勝利。

 記者会見場に青い顔で現れたジダンは、アトレティコのメンタリティに脱帽していた。

「今日のカギは体力より精神面だった。かれらは3日前にCLを戦い、ほとんど休養なしだったのにあの試合ぶりだ。我々は練習してきたとおりにやることができなかった」

 “90分間の集中”はシメオネのアトレティコのトレードマークであり、どんな相手に対しても効力を示す最も重要な武器だ。が、それだけではない。シメオネはゲームプランニングにおいても、ジダンに優っていた。

繋いで「相手を惑わす」のが今季の課題。

 その前に、シメオネのアトレティコが挑戦と進化を続けている話をしておこう。

 基盤自体は彼が監督になって以来変わっておらず、いまもくだんのメンタリティと連係をもってする守備のままだ。しかし「シュートへもっていくまでの速さ」に自信を持ち、それこそが特徴と感じているチームを見て、シメオネは「相手を惑わすプレイをもう少し増やす」ことを今季の課題に挙げた。

 そこでビエットやジャクソン・マルティネス(2月初頭、中国へ移籍済み)、カラスコといった多様なタレントを獲得し、従来の4-4-2から昨季試し始めた4-3-3へのフォーメーション変更を推し進め、攻守のメカニズムを改造。昨年末の時点で4-3-3が完成へ「かなり近づいている」ことをシメオネ本人がエル・パイス紙で認めている。面白いのは敵陣内で相手にかけるプレッシャーを持続させる点で、それこそが才能豊かなアタッカーを複数同時に活かすためのミソだとシメオネはいう。

「彼らは自陣に戻りたがらない。となると、友人と遊びながらサッカーをしていた頃のようにボールを追わせ、奪わせ、繋がせ、シュートさせるのがただひとつの方法だ」

【次ページ】 「バックパスを出さない」という現役時代からの信念。

おすすめスポーツ動画

ページトップ