セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

「ずっとめちゃくちゃ助けられてる」
アバーテが本田圭佑に向ける“尊重”。

posted2016/02/23 18:00

 
守備でミランでの信頼を得た本田圭佑は、この日もナポリにとって厄介な存在だった。

守備でミランでの信頼を得た本田圭佑は、この日もナポリにとって厄介な存在だった。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

Getty Images

 本田圭佑にとっては、意趣返しのチャンスだった。

 昨秋のナポリ戦こそ、一時本田が多くの非難を受けたクラブ批判騒動の発端だった。

 4カ月半が過ぎ、不動のレギュラーに返り咲いた本田にとって、22日の同カードは昨秋の悔しさを晴らす絶好の機会に他ならなかった。

 敵地サン・パオロで、本田は攻守に躍動した。同点ゴールのアシストを決め、勝ち点1を奪った。

 サッカー界の“10番”の象徴であるマラドーナの聖地で、本田は確かに幾ばくかの足跡を刻んだのだ。

 前節でユベントスに惜敗して首位から転落したものの、ナポリがリーグきっての危険な相手であることには変わりがなかった。

 ユーベが先週金曜のボローニャ戦でまさかのドローに終わったため、首位奪回のチャンスを得たナポリが、血眼で勝ちにくることは容易に想像できた。

 細かなパスワークを繋ぐナポリの攻撃は、多彩なパターンを誇っている。彼らの左サイドからの崩しに対峙した本田は、キックオフ直後から対応に手を焼いた。

 FWインシーニェとMFハムシクが小気味よいパスワークを繋ぐ間に、裏からSBグラムが抜けてくる。

 16分、本田の背後を抜く形でFWカジェホンがパスを通し、受けたインシーニェが巻くシュートでファーポストを狙った。

 30分を過ぎ、FWカジェホンとエースFWイグアインによるコンビプレーが、2度ミランゴールを脅かした。

インシーニェの先制点は本田のエリアからだった。

 ミランも機を見てカウンターを仕掛けようとするが、FWバッカにパスは通らない。先にゴールを奪ったのは、やはりナポリだった。

 39分、本田はDFグラムのショートパスがFWインシーニェの足元へ渡るのを目の前で見た。そして次の瞬間には、もうシュートを打たれていた。

 インシーニェのシュートは右ポストの根本へ飛び、GKドンナルマが懸命に伸ばした左腕も届かず、ゴール右隅に飛び込んだ。先制弾に、サン・パオロを埋めた大観衆の歓喜が爆発する。

 10月の対戦でも2ゴール1アシストを決めたインシーニェは、ミランの天敵だ。彼へのパスをできるだけ切る対策は取っていたはずだが、本田は自らのテリトリーから決められた先制ゴールに、一瞬無念の表情を浮かべた。

【次ページ】 左足インサイドでの撫でるようなクロスがアシストに。

1 2 3 4 NEXT >>
おすすめスポーツ動画

ページトップ