サムライブルーの原材料BACK NUMBER

齋藤学がメッシとネイマールを盗む!
最大の武器ドリブルを現在改造中。

posted2016/02/16 10:30

 
2015年は31試合に先発してキャリアハイの7ゴール。齋藤学、2度目の飛躍に向けて虎視眈々である。

2015年は31試合に先発してキャリアハイの7ゴール。齋藤学、2度目の飛躍に向けて虎視眈々である。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE PHOTOS

 名は体を表す、とは良く言ったものだ。

 ハマのメッシこと齋藤の名は「学」。彼は、「学ぶ」姿勢を大切にする。

 2月4日、横浜F・マリノスは宮崎のシーガイアで第2次キャンプをスタートさせた。ブルーのジャージーに身を包む齋藤の動きの良さはひと際目立っていた。

 実戦練習でのプレーを見ていると、昨季までのイメージとはちょっと違う。グッグッというよりも、スッスッ。そう、持ち味である相手を切り裂く鋭いドリブルを「剛」から「柔」のほうに、意識的に近づけているような印象を受けた。

 ブラジルW杯以降、A代表からは遠ざかっているとはいえ、その能力と実力は誰もが認めるところ。昨年12月にはハリルジャパンのミーティングに呼ばれ、代表復帰も現実味を帯びてきていると言っていい。

 栄養、トレーニング理論など彼の知識は実に豊富だ。書物などから学び、良いと思ったものは積極的に取り入れてみたうえで自分に合うか、合わないかを決めている。また何か新たなチャレンジを始めていることは、一目瞭然だった。

武器であるドリブルを、前傾から「いい姿勢に」。

 練習を終え、ファンサービスも時間をかけてこなしていた。

 すっかり陽が傾いて寒風吹くキャンプ地のピッチを背に、彼は充実した表情をこちらに向けた。

「自分の姿勢はこれまで常に前傾でした。でもメッシを見ても、ネイマールを見てもドリブルしているときの姿勢が実にいいんです。前傾すぎてもいけないし、後傾すぎてもいけない。今はそのベストポジションを探している」

 確かにこれまでの齋藤は、前傾姿勢のドリブルで打開を図ってきた印象がある。馬力と高い回転数から、自然とこの形になっていったに違いない。だがその自分で築いたものを一度疑い、知識から落とし込んで世界のトッププレーヤーと比較することで変化させようとしていた。上体を起こして腰を立てた状態で、スピードを落とさずに走る。確かに「姿勢がいい」という言葉がピタリとはまる。

【次ページ】 太腿の裏の筋肉、そして高くなった目線。

1 2 3 NEXT >>

ページトップ