スポーツ・インサイドアウトBACK NUMBER

投手ランクとダルビッシュ有。
~日本人投手の評価が低すぎる!?~

posted2016/02/13 10:30

 
開幕には間に合わなさそうだが、万全のダルビッシュならば夏前からでも二桁勝利は十分に可能だ。

開幕には間に合わなさそうだが、万全のダルビッシュならば夏前からでも二桁勝利は十分に可能だ。

text by

芝山幹郎

芝山幹郎Mikio Shibayama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 春季トレーニングがすぐにも始まる。球春到来を待ちわびている人は多いだろうが、毎年いまごろ、それに先立って「野球心」をくすぐるランキングが発表される。

 MLB.comによる〈ファンタジー・プレイヤー・プレヴュー〉だ。

 読んで字のごとく、これは個々の選手の評価表である。選手には値札が付いていて、ファンタジー・リーグに参加する人は、これを参考にして好きな選手をピックアップする。参加しない人も、これを見て2016年シーズンを占う。だれが活躍するか。だれが伸びるか。だれが沈むか。そして、どんな穴馬が飛び出すか。

 日本人選手のランクは、スポーツ新聞でも一部紹介されている。〈全体のランク〉でいうと、田中将大が120位、ダルビッシュ有が131位、岩隈久志が155位、前田健太が237位。随分評価が低いな、と感じる人は多いはずだ。私もそう思うが、憤慨する前にまずは全体をじっくり見渡してみようではないか。

ベストテンはお馴染みのビッグネーム。

 全体ベストテンの上位を占めるのはお馴染みのビッグネームだ。

1 ブライス・ハーパー(ナショナルズ)
2 マイク・トラウト(エンジェルス)
3 ポール・ゴールドシュミット(ダイヤモンドバックス)
4 ジョシュ・ドナルドソン(ブルージェイズ)
5 クレイトン・カーショー(ドジャース)

 ここまでがベスト5で、このあとにはカルロス・コレア(アストロズ)、ジャンカルロ・スタントン(マーリンズ)、ノーラン・アレナド(ロッキーズ)、アンソニー・リゾ(カブス)、ホゼ・アルトゥーベ(アストロズ)という伸び盛りの若手がつづく。なかなか渋い選出だ。去年飛躍したアストロズからは2人。不振だったマーリンズとロッキーズからも、1人ずつ。これで合計10人だが、投手はカーショーただひとりだ。

 もっと興味深いのは、11位から30位の間にひしめく若手成長株だろう。思い切った抜擢を受けた選手が何人か混じっている。

【次ページ】 レギュラークラスの300位以内には青木宣親が。

ページトップ