サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

U-23に、満たされない男がひとり。
浅野拓磨、韓国戦で必ずゴールを。

posted2016/01/29 11:15

 
ドーハの地でも浅野のスピード、ロングボールへの対応は際立っている。後はゴールだけだ。

ドーハの地でも浅野のスピード、ロングボールへの対応は際立っている。後はゴールだけだ。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 リオ五輪出場を決めたU-23日本代表に、満たされない思いを抱える選手がいる。悔しさを反骨心へ変えて、30日の決勝戦を待つFWがいる。

 浅野拓磨である。

 最終予選の浅野は、ここまで4試合に出場してきた。タイとの第2戦でスタメンに名を連ね、以降3試合は途中出場でピッチに立っている。しかし、5試合で12ゴールをあげてきたチームにあって、彼は得点者に名を連ねることができていない。

 2015年のJ1リーグに記した8ゴールという数字は、国内組で最多である。チャンピオンシップ決勝の第2戦でもヘディングシュートを突き刺し、サンフレッチェ広島の年間王者就任に貢献した。

 シーズンを通して磨き上げてきた自信を、浅野は最終予選へつなげられると考えていた。決定機を生かし切れなかったサウジアラビアとの第3戦後も、口調に揺らぎはない。質問者の笑みを誘う軽妙なトークを織り交ぜながら、背番号16を着けた21歳は自らへの期待を明かした。

「僕はスピードという特長には自信を持っていますし、自分の特長はどの相手にも出せるんだという気持ちでやっている。それは今回だけでなく所属チームでも同じで、クラブW杯のようなよりレベルの高いところでサッカーをすることによって、自分の特長を出す感覚はつかめているのかなと思います。自分はできるんだという自信をつねに持ってプレーしないと、相手に食われると思うので」

 少しばかり荒っぽい「食われる」との表現も、それぐらいの迫力を放つDFとクラブW杯で向き合ったからなのだろう。

勝った喜びより、ゴールが奪えない悔しさが大きい。

 イランとの準々決勝で決定機を逃しても、前向きな気持ちはブレない。

「今回の大会はホントにたくさんのチャンスを迎えているので、あとはゴールを決めるだけなんですが、決めきれていない。そこはやっぱり、試合が終わるたびに悔しさがあります。イランに勝った喜びは大きいですけど、結果を残せなかった悔しさが自分のなかではそれよりもちょっと大きいのかなと思います。今日はホントに苦しい戦いで勝つことができましたけど、自分はFWとしての仕事を果たせていない。精神的にめげないでやっていくしかないと思います」

【次ページ】 武蔵が怪我、南野も離脱で浅野に注目が集まる。

1 2 3 NEXT >>
おすすめスポーツ動画

ページトップ