サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

決勝で戦う日本と韓国は似た者同士?
「自分達は弱者である」という思想。

posted2016/01/29 11:00

 
水原所属のクォン・チャンフンがこの世代のエース。中盤に中心選手がいるのも日本との共通点だ。

水原所属のクォン・チャンフンがこの世代のエース。中盤に中心選手がいるのも日本との共通点だ。

text by

吉崎エイジーニョ

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

PROFILE

photograph by

AFLO

“似た者同士”が衝突するそんな日韓戦になるだろう。

 30日、アジアサッカー連盟男子U-23選手権(リオデジャネイロ五輪予選)決勝で、日本と韓国が対戦することになった。

 シン・テヨン監督率いる韓国U-23代表は、こんな方針で作り上げられたチームだ。

「状況を見て、考えて、動くサッカー。そしてパスは常に相手ゴールに向かうように。横パスよりも縦パスを入れていくようにと、指示している」(2015年3月、シン監督。就任後初合宿時に)

 守備ラインには体格のよい選手を揃え、力強い守備を見せる。前線には大型のターゲットマン、スピードのある選手ら多様な駒を揃え、それを中盤でファンタジスタのクォン・チャンフンが操る。ざっくりいうとそういうスタイルだ。

 いっぽうで、オリンピック出場権がかかった準決勝後、シンは言い切った。

「自分がやりたいサッカーとは別に、勝つために必要なサッカーをやった」

 実際に、後方からロングボールを蹴り込む時間帯もあった。

「完全に谷間の世代」といわれていた現チーム。

 そんな韓国U-23代表だが、大会前の期待値はかなり低いものだった。手倉森誠監督率いる日本U-23と似ている部分だ。筆者自身、韓国記者とのやりとりでも、「完全に谷間の世代。ベスト8くらいで敗退するんじゃないか」という話を聞いた。韓国は今大会で「男子サッカー五輪連続出場世界記録」がかかってもいたのだが、国内の反応は冷淡なものだった。

 それでも韓国は、世界最多の8回連続出場を達成した(イタリアが今大会の予選で敗退したことにより、1988年ソウル五輪から連続出場中の韓国が最多になったのだとか)。グループリーグの初戦で難敵ウズベキスタンを2-1で下すと、チームは軌道に乗った。続くイエメンはグループリーグで草刈り場と見られていただけに5-0で一蹴。最終戦は難敵イラク相手にドローでしのぎ、1位突破を決めた。

 準々決勝のヨルダン戦は1-0の勝利。五輪がかかった準決勝カタール戦では、「一気にチームのモチベーションが高まった」と3-1で勝ち、決勝に駒を進めている。大会中のチームの成長、という点も日本とどこか似ている。

【次ページ】 欧州組もいるし、育成の成果も出ているが……。

1 2 3 4 5 NEXT >>
おすすめスポーツ動画

ページトップ