プレミアリーグの時間BACK NUMBER

現実味を増してきたレスターの優勝。
オッズは6000倍から8倍、黒星は最少。

posted2016/01/30 10:40

 
現実味を増してきたレスターの優勝。オッズは6000倍から8倍、黒星は最少。<Number Web> photograph by AFLO

岡崎慎司も、FW登録の選手の中では2番目に多い出場時間と得点数を記録して存在感を発揮している。

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph by

AFLO

 開幕6カ月間で6000倍から8倍へ。大手ブックメイカー(賭け屋)によるオッズが激減したように、いよいよレスターを現実的な今季プレミアリーグ優勝候補として捉えるべき時が来たようだ。

 開幕1カ月目を3位で終えた時点では「勢いがいつまでもつか」という目で見られていたレスターが、後半戦1カ月目を終えて首位に立っている。3ポイントのみとはいえ、2位マンチェスター・シティ、3位のアーセナルに差をつけた単独首位だ。

 クリスマスの時点では、マンCとアーセナルによる一騎打ちとするタイトルレース予想が一般的だったが、日程も過密化する中でリーグ戦5試合を2勝3引分けで乗り切ったことで、「レスター優勝」の可能性を指摘する識者は、地元出身の英雄ガリー・リネカーだけではなくなった。

 監督のクラウディオ・ラニエリは、その間も「目標は40ポイント獲得」と言い続けてきた。チームの足をしっかりと地につけておく狙いもあったのだろう。だが、プレミアで残留安全圏到達を意味するポイント数は、年始の20節ボーンマス戦(0-0)で早々とクリアされている。ナイジェル・ピアソン前監督時代の昨季より、18試合も早い目標達成だ。同時に「レスター4位以内」のオッズはたったの3倍に。トップ4の一員としての優勝争いがほぼ確実視されている状態だ。

23節終了時点で、黒星はたったの2つ。

 ブックメイカーが提示する倍率以外にも、レスターに優勝候補としての信憑性を与える数字がある。23節終了時点で2敗というリーグ最少の数字だ。

 長丁場のシーズンを制する上で、最大の強みは安定性。マンCとアーセナルが既に5敗を喫している一方で、レスターが最も優勝候補らしい姿を見せている。8引分けは3チーム中で最多だが、その中にはビハインドから追いついた4試合も含まれており、やはり優勝候補の要素とされるしぶとさを示している。

 今季のレスターのポイント奪取力は速攻カウンターに裏打ちされているが、その得意技を繰り出す上で欠かせないキーマンとして、開幕前に加入したエンゴロ・カンテがあげられる。新ボランチの重要性は、得点源のジェイミー・バーディーとアシスト源のリヤド・マフレズにも劣らない。

【次ページ】 カンテは相手にとって「うんざりするほど嫌な存在」。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
レスター・シティ
クラウディオ・ラニエリ
岡崎慎司

ページトップ