セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

“あの時”のブーイングが、万雷の拍手に。
ミラノ・ダービーは本田圭佑のために。

posted2016/02/01 12:20

 
芝生の色がくっきりと残るユニフォームこそが、本田圭佑の献身の証なのだ。

芝生の色がくっきりと残るユニフォームこそが、本田圭佑の献身の証なのだ。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

AFLO

「もしダービーに勝てれば、CLへの道が開く」

 試合前日の有力紙『ラ・レプッブリカ』に掲載されたインタビューで、ミランMF本田圭佑はミラノ・ダービーへの意気込みを語っていた。

「(FW)バッカのゴールで1-0、うちが勝つ。ダービーがCL(出場圏)への最後のチャンスなら、絶対に無駄にはしない」

 直近の5試合を4勝1分として上り調子にあるミランと、堅守をベースにしたシーズン前半戦の好調に陰りが見え始めたインテルの両者にとって、22節ミラノ・ダービーはシーズンの重要な分岐点と見られていた。

 勝ったチームはCL出場権獲得への流れを強く引き寄せることができるが、敗れれば後半戦を戦うチームの士気に悪影響が及ぶことは必至だった。

 1月最後の夜、ミランと本田はシーズンの分水嶺に挑んだのだ。

守備要員の装いを捨て、攻撃を組み立てる本田。

 4-4-2の右サイドハーフとして先発した本田は、名誉会長シルビオ・ベルルスコーニが観戦する“御前試合”のプレッシャーをモノともせず、キックオフと同時に相手へ襲いかかった。

 先発の座を取り戻した本田は、いくつかアシストも決めてきたが、何よりも守備に徹することでチームの歯車となってきた。

 だが、ダービーの夜に本田はその装いを捨て、試合開始当初から積極的に攻撃を組み立て始めた。

 後方のDFアバーテとセントラルMFクツカと右サイドでトライアングルを組み、前線へ切り込む。

 13分、対面のインテルDFフアン・ヘススのマークを力強くかいくぐり、ゴール前のFWバッカへ折り返しのクロスを入れた。

 日本代表の盟友であるインテルDF長友佑都は先発を外れ、ベンチにいた。本田の突破はインテルの指揮官マンチーニへ向けて“俺を止めたければナガトモを出してみろ”と呼びかけているようだった。

【次ページ】 裏目に出たマンチーニの奇策。

1 2 3 4 5 NEXT >>
おすすめスポーツ動画

ページトップ