野球クロスロードBACK NUMBER

多村仁志と落合GM、出会いは15年前。
打撃以上に期待されている「経験」。

posted2016/01/20 10:50

 
トライアウトには参加せず、オファーを待った多村仁志。育成契約が球団と本人双方にとって幸せな結果につながることを期待したい。

トライアウトには参加せず、オファーを待った多村仁志。育成契約が球団と本人双方にとって幸せな結果につながることを期待したい。

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

 昨年は実績のある選手が数多く戦力外通告を受けた。三冠王を獲得した元ソフトバンクの松中信彦、沢村賞投手の元中日・川上憲伸と元オリックスの井川慶など“ビッグネーム”が名を連ねていた。

 そのなかで、移籍先が決まった選手もいる。元巨人の久保裕也はDeNAに入団が決まり、元オリックスの坂口智隆はヤクルトで、元広島の栗原健太は楽天で再起を誓う。

 そしてもうひとり、元DeNAの多村仁志も中日と契約を結ぶこととなった。年俸は4300万円減の300万円、背番号は215。育成選手からの再スタートである。

 多村は入団会見でひとりの選手の名を挙げ、支配下登録への意欲を見せた。その選手とは、'06年にオリックスを戦力外となり、翌年のキャンプ中に育成枠で中日に入団した中村紀洋である。彼はこの年、開幕前に支配下登録選手に復帰するとシーズン20本塁打、日本シリーズではMVPに輝き見事な再生を果たした。

「ノリさんを見習って1日でも早くチームに貢献したいです」と決意を述べていたように、先人が残したサクセスストーリーは今の多村の大きなモチベーションとなっている。

38歳の多村に、中村紀洋のような復活劇は……?

 多村は通算195本塁打を放っているスラッガーだ。昨季は一軍でノーアーチだったものの、二軍では71試合で打率3割1分9厘、7本塁打をマークしているだけに、中日も戦力として計算できると判断し獲得を決めたのだろう。

 だからといって、中村のような大活躍を期待するのは厳しい面がある。

 '07年入団当時の中村は33歳。'13年にDeNAで通算2000本安打を達成したことからも、中日に移籍した時点ではまだ計算が立った、というわけだ。

 したがって、現在38歳の多村に中村のような再ブレークを望むのは本人にとってもプレッシャーになる。むしろ、中日が彼に対してパフォーマンス以上に求めているのは、プロ21年という長いキャリアに裏打ちされた技術であり、考え方ではないだろうか。

【次ページ】 「『誰かがやってくれるだろう』って考えじゃダメ」

1 2 3 NEXT >>
おすすめスポーツ動画

ページトップ