沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

2015年のキーワードは「急成長」か。
有馬記念で振り返る競馬界の1年。

posted2015/12/28 12:00

 
2015年のキーワードは「急成長」か。有馬記念で振り返る競馬界の1年。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

今年、条件馬から一気にGI制覇まで駆け抜けたゴールドアクター。来春の最大の目標は天皇賞だ。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Yuji Takahashi

 今年の競馬界のキーワードは「急成長」だった、ということか。一年の総決算となる第60回有馬記念(12月27日、中山芝2500m、3歳以上GI)を制したのは、吉田隼人が騎乗した、8番人気のゴールドアクター(牡4歳、父スクリーンヒーロー、美浦・中川公成厩舎)だった。今年7月まで条件馬だった馬が「急成長」を遂げ、1000万、準オープン、GIIにつづく4連勝。見事、60代目のグランプリホースとなった。

 完勝だった。スタート直後、一度はハナに立って内に入った。他馬を行かせて好位で折り合い、直線、豪快な末脚でライバルたちをねじ伏せた。

 1000m通過1分2秒4(推定)というスローな流れが味方したことは事実だが、ペースがさらに遅くなればもっと前に行き、速くなれば下げていただろう。トリッキーだと言われる中山芝2500mも、ゴールドアクターにとっては、いかようにもアジャストできる、イージーな舞台だった。

 グランプリ初参戦で初勝利を挙げた中川調教師は、この馬のよさとして、「競馬の上手さ」と「成長力」の2点を挙げる。

吉田はゴールドアクターを「先生」と呼ぶ。

 昨年8月、吉田隼人を背に迎え、札幌で500万、1000万と連勝した勢いで菊花賞に臨み、3着。その後、じっくり休ませて成長を促したことが、大きな飛躍につながった。

 「上のステージでも競馬ができると思っていました。大きな舞台に、馬が連れて行ってくれるんです」と、デビュー12年目でGI初勝利を挙げた吉田は言う。

「これからも、ぼくが『先生』と呼んでいるこの馬に、いろいろ教わっていきたいです」

 共同会見で伏目がちにそう語った吉田は、昨年、知人に対し暴力をふるったとして11月12日から12月11日まで騎乗停止になっていた。

「有馬記念は、お客さんと同じ側から見ていることのほうが多かった。こうなることを夢見てやってきて、本当によかったです。去年は自分自身にアクシデントがありましたが、今年はいい結果を出すことができた。くじけないでやっていればいいこともあるので、またつづけて頑張りたいと思います」

 先月末、東京競馬場で他馬に蹴られ、右膝蓋骨の亀裂骨折と診断されたが、騎乗を志願して勝利をもぎとった。

【次ページ】 他にも目立った急成長馬たち。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ゴールドアクター
吉田隼人
ゴールドシップ
ラブリーデイ
クリストフ・ルメール
ミルコ・デムーロ
サウンズオブアース
キタサンブラック
有馬記念

ページトップ