野球善哉BACK NUMBER

あいさつ代わりには衝撃が強すぎる。
巨人1位・桜井俊貴の18奪三振ショー。

posted2015/11/30 10:40

 
あいさつ代わりには衝撃が強すぎる。巨人1位・桜井俊貴の18奪三振ショー。<Number Web> photograph by Kyodo News

桜井俊貴が1位指名されるとは、1年前までほぼ誰も考えていなかった。しかしもはや彼の力を疑うものはいないだろう。

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph by

Kyodo News

「こんなタイプのピッチャーだったの?」

 取材に訪れた巨人担当記者の数人が目を丸くしていた。

 明治神宮野球大会でのことだ。

 このほど巨人への入団が決まったドラフト1位右腕・桜井俊貴(立命大)が1回戦の東北福祉大戦に先発。大会タイ記録となる18奪三振を挙げて、完封勝利を挙げたのである。

 先発完投型だとは知っていたが、大会記録をマークしてしまうほどの奪三振マシンだったとは――。

 巨人担当の記者たちが目を丸くし、プロもアマも取材する筆者たちのような人物に尋ねてくるのも無理はなかった。

 バランスよく投げるピッチャーという噂を、二段階くらい飛び越えた。この日の桜井のピッチングは、来年のローテーション入りを期待させるに十分なものだった。

「三振は狙ったというより、低めを突いて行った結果が、そうなったのだと思います。自分はそういうタイプじゃないんで」

 18もの三振を取ったという実感もなかったと、桜井は試合後に振り返った。低めへの強い意識が大記録達成へとつながったのだろう。

高校時代には育成ギリギリの選手だった。

 北須磨高時代から公立の星として、プロのスカウトの間でも評判の投手だった。腕を思い切り振れるフォームで、ストレートの最速こそ140kmに届かなかったが、カーブとのコンビネーションで打ち取っていく。育成での指名を匂わせる球団もあったが、しかし桜井は「4年間でレベルを上げて勝負をしたい」とプロ志望届は出さず、立命大に進んだ。

 立命大進学後は順調な成長曲線を描いた。

 特別なことをしたわけではない。それは子供が大人に成長していていくように、段階を踏んで自己を確立していった。大学入学時は130km後半だったストレートは145kmまで伸び、変化球も高校時代に投げていたカーブに加えて、スライダー、チェンジアップと年を追うごとに増えた。

【次ページ】 大学3年で突き当たった145kmの壁。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
読売ジャイアンツ
桜井俊貴
明治神宮大会
ドラフト会議

ページトップ