猛牛のささやきBACK NUMBER

“逆転イッパツマン”北川コーチが
オリ打線に教える「二段構え打法」。

posted2015/11/30 10:30

 
“逆転イッパツマン”北川コーチがオリ打線に教える「二段構え打法」。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

今年6月、交流戦で阪神和田監督に挨拶する、プロジェクトマネージャー時代の北川氏。この経験がコーチ業にどう活きるのか。

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph by

NIKKAN SPORTS

「これラストやぞー。しっかり飛ばせよー」

「ハイー」

 秋季練習の全体練習後、特打を行なっていた安達了一と、打撃投手を務めていた北川博敏一軍打撃コーチが軽口を交わし合う。

 5位に終わった今季終了後、オリックスはコーチ陣が大幅に変わり、北川コーチが一軍スタッフに加わった。

 その陽気な関西弁が響き渡ると、一気にグラウンドの雰囲気が明るくなる。

 元来の、人好きのする笑顔と明るいキャラクター。それに加え、3年前まで現役だったため、共に戦った気心の知れた選手が多いこともある。年齢的には離れていても、現役の頃から、後輩にとって親しみやすい、距離の近い先輩だった。

 以前、「オリックスの選手間はどうしてそんなに仲がいいのですか?」というファンからの質問に、T-岡田がこう答えていた。

お父さんみたいな親しみやすさ。

「僕が入った頃から、北川さんみたいな親しみやすい先輩がいて、そういう雰囲気が今も受け継がれているからじゃないでしょうか」

 二軍コーチ時代には、休日に20歳以上も年の離れた若手選手と釣りに出かけ、「お父さんみたい」と言われていた。

 それでいて、選手にとって耳の痛い苦言もズバッと口にする。

 その指摘は、この1年の経験を経て鋭さを増した。

【次ページ】「いい場面でいい仕事ができるバッターを育てたい」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
T-岡田
野村克也
北川博敏
オリックス・バファローズ

ページトップ