サムライブルーの原材料BACK NUMBER

最後の最後に見せた「意思のクロス」。
藤春廣輝が応えたハリルの要求とは。

posted2015/11/27 10:40

 
最後の最後に見せた「意思のクロス」。藤春廣輝が応えたハリルの要求とは。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

ガンバで1年目から存在感を発揮してきた藤春。スピードとクロスは日本屈指のサイドバックだ。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 最後のひと走り、最後のひと振り。

 藤春廣輝はあきらめようとしなかった。

 ロシアワールドカップ・アジア2次予選カンボジア戦、1-0で終わろうとしていた後半45分だった。

 逆サイドから原口元気にボールが送られると同時に走り出してパスを呼び込む。人工芝に埋められたチップを蹴散らしながら猛然と駆け上がった。ゴールラインぎりぎりでニアにフワリと浮かすクロスを送り、本田圭佑のヘディング弾をアシストした。

 左サイドバックで先発しながらも、それまではカンボジア相手に持ち味のスピードと攻撃性を発揮できないでいた。前半の終了間際には香川真司からのボールに飛び込んで左足で合わせる見せ場をつくりながら、左ポストを叩いて決定機を逸している。

 最後の最後で彼をアグレッシブに前へと向かわせたのは、何だったのか――。

 藤春はハリルジャパンの“一期生”である。

 指揮官の初陣となった3月27日のチュニジア戦で、代表初招集ながら先発に抜擢され、セットプレーのキッカーも任された。「45分だけで代わると思っていたら」90分フル出場。代表の重圧と緊張も手伝ってか、終盤はかなりヘトヘトだった。

代表の経験が藤春の視線を変えた。

 この代表デビュー戦の後、彼に話を聞く機会があった。

「代表に入ること自体が夢というか、奇跡というか……1分でもピッチに立てればと思っていましたけど、まさかのスタメンやったんで驚きました。でも、失うものは何もないんで、もうやるだけっていう気持ちになれたし、試合では悔いが残らないように、1分でも長くピッチに立てるようにとそれだけを考えて必死にやりました」

 代表の高いレベルで練習できたことは刺激になった。代表を経験したことで自信がつき、プレーに余裕も出てきた。彼は言葉を弾ませるように言った。

「代表に定着することが、次の目標になりました」

 お世辞にもテクニックがあるとは言えないが、快足の持ち主で運動量があってガツガツと闘うことができるのはハリル好み。左利き、11月に27歳になったばかりというのもアドバンテージである。

【次ページ】 一度はチームメイトの米倉に席を奪われた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
藤春廣輝
ヴァイッド・ハリルホジッチ
米倉恒貴
ガンバ大阪

ページトップ