サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

代表でPK失敗、レスターでは控え……。
岡崎慎司が飛躍のために歩む苦境。

posted2015/11/23 10:30

 
代表でPK失敗、レスターでは控え……。岡崎慎司が飛躍のために歩む苦境。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

実戦で勘を養ってこそ輝く岡崎にとって今は苦しい時期だが、何度も苦境から復活してきた姿は印象に残っている。

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 岡崎慎司の立場が揺らいでいる。

 日本代表の歴史のなかで岡崎の出場試合数は98で5位タイ、得点数は47で3位につける。29歳で、衰えを指摘される齢ではない。2008年9月に初めて日本代表に選ばれてから、怪我や所属チームの事情以外で、岡崎はメンバーから漏れたことがない。

「たとえハセベであろうとも、パフォーマンスが良くなければ外すぞ」

 そのように語るハリルホジッチ監督ならば、代表のユニフォームを身につけ、圧倒的なキャリアを積んできたストライカーをメンバーから外す可能性だってある。

 では、岡崎のサッカー人生最大の危機なのだろうか。

 そんな扇情的な言葉は似つかわしくない。悲壮感も漂ってはいない。悲壮感が漂わないのは、何も彼のキャラクターゆえでもない。

 岡崎のこれまで歩んできた道と、彼の確固たる意志と考えがあるからこそ、今は彼のサッカー人生のターニングポイントにあると断言できる。

カンボジア戦で巻いたキャプテンマーク。

 今の岡崎の進んでいる道にはスリリングな要素もあるが、希望の光も確かに見えている。

 11月17日、カンボジアとの試合前のウォーミングアップの際に、岡崎は長谷部誠とともに先頭に立ってピッチに足を踏み入れた。

 2012年5月23日に行なわれたアゼルバイジャン戦で、後半29分からキャプテンマークを巻いたことはあるが、キャプテンマークを巻いて君が代を聴くのはこれが初めてのことだった。長谷部だけではなく、長谷部が不在のときにキャプテンマークを巻くことの多い本田圭佑も、カンボジア戦ではスタメンから外れていた。

 カンボジア戦の前日、岡崎はハリルホジッチ監督からキャプテンマークを託された。ただ、特別に多くの言葉をかけられたわけではない。

「何も言われなくても、自分は(キャプテンマークを巻く人間に必要なことを)くみ取ってやっていました」

【次ページ】 めったに蹴らないPKキッカーに指名されたが……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
岡崎慎司
レスター・シティ

ページトップ