JリーグPRESSBACK NUMBER

驚愕したガンバの新スタジアム。
募金140億円で作った“手づくり感”。

posted2015/10/30 10:40

 
驚愕したガンバの新スタジアム。募金140億円で作った“手づくり感”。<Number Web> photograph by Toshio Ninomiya

視線の高さが変わらないこともあり、ピッチまでの距離は本当に近い。サッカー観戦はもっと面白くなる。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Toshio Ninomiya

 大阪・万博記念公園スポーツ広場内、ガンバ大阪のクラブハウス真横に噂の「市立吹田サッカースタジアム」はある。

 10月10日に竣工式を終えたばかりで、筆者が訪れたこの日もどこかの視察団が訪れていた。

 噂。

 関西に住む馴染みの記者仲間から聞いていた。

「サッカーを観るなら最適やと思うで」「プレミアリーグのスタジアムみたいですよ」

 まるで彼らの持ち物かのように自慢していたが、実際に目にしてみて「うわーっ」と思わず声を挙げてしまう自分がいた。

タッチラインまで7m、高低差は150cmしかない。

 4万人収容のサッカー専用スタジアム。

 何が驚いたかって、とにかく観客席からピッチまでが近い。

 距離はタッチラインまで7m、ゴールラインまで10m。それも観客席の最前列からピッチまでの高低差は150cmしかない。プレミアにも引けを取らないほど、プレーヤーに近い目線で試合を楽しむことができる。選手たちの声も聞こえるだろうし、表情もよく見えるはず。サッカー専用スタジアムの利点を活かし、ガンバ大阪の「攻撃サッカー」同様、攻めたつくりになっている。

 梅本祥子広報担当はこのように説明する。

「ゲームの臨場感や選手、サポーターの一体感を味わえるスタジアムにしたいというのがクラブの思いでした。観客席から簡単に飛び降りられる高さかもしれませんが、そこは観客のみなさんのモラル意識の高さなども頭に入れたうえで、ギリギリの距離、高さで行きたいと」

 すり鉢場の客席は見やすい角度に設定され、大きなビジョンも設置されている。座席部分は雨で濡れないように屋根で覆われ、スタンド中段には場内を1周できるコンコースもある。Wi-fiフリーの通信環境もありがたい。観客目線に立つことにこだわっている。

【次ページ】 欧州14カ所を視察した“いいとこどり”の設計。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
ガンバ大阪
市立吹田サッカースタジアム

ページトップ