モーターサイクル・レース・ダイアリーズBACK NUMBER

ロッシとマルケス、両王者の報復戦。
マレーシアGPが史上最低のレースに。

posted2015/10/31 10:30

 
ロッシとマルケス、両王者の報復戦。マレーシアGPが史上最低のレースに。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

“キック”直前、ロッシがマルケスを数秒見つめたとき、彼は何を考えたのだろうか。

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph by

Satoshi Endo

 チャンピオンシップが大詰めを迎えた第17戦マレーシアGPは、僕のグランプリ転戦26年のキャリアの中で、これまで見たことがない史上最低のレースとなった。

 土曜日の予選を終えてトップグループはいつもの4人、トップからペドロサ、マルケス、ロッシ、ロレンソの順だった。

 決勝レースがスタートすると、優勝したペドロサと2位のロレンソのペースが2分0秒台の周回でトップ争いし、マルケスとロッシは3位争いにまわって、コーナー毎にポジションを入れ替えながら2分1秒台から2秒台で3周目を周回した。

 そのため3位争いのふたりは、ペドロサとロレンソに対して3周回ごとに1秒近いタイムをロス。事件が起こる1周前の6周目を終えたときには、2番手のロレンソとの差は2秒755に開いていた。

ロッシが「故意に」マルケスを転倒させた?

 11ポイント差でランク首位に立ち、残り2戦で今季のチャンピオンに手をかけていたロッシにしてみれば、3位争いでタイムを落とすことなく、一刻も早くトップグループに追いつきたい。だが、マルケスがしつこく絡んでくる。

 そのことに業を煮やしたのだろう。

 ロッシが「あいつは意図的にペースを落とした」と非難するマルケスに対して、7周目の右14コーナーでインに入って、マルケスの行く手を阻んだ。ロッシが何度か振り向いた後、突然マルケスが転倒した。

 ロッシはそのまま走り続け、3位でチェッカーを受けた。一方のマルケスは、右側のステップが脱落したため、再スタートするもピットに戻ってリタイヤとなった。

 この転倒事故に関し、審査委員会はロッシに対して次のような裁定を下した。

「14コーナーでほかのライダーをラインから外すために故意にはらんだ結果、そのライダーと接触し転倒をまねいた。これはほかのライダーを危険にさらす無責任な行為と考えられ、競技規則に違反すると判断された。レースディレクションは3ポイントのペナルティポイントを科すことを決定した」

【次ページ】 審査委員長は両者の責任を認めたが……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/6ページ
関連キーワード
マルク・マルケス
ヴァレンティノ・ロッシ

ページトップ