沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

キタサンブラック菊花賞制し7戦5勝。
北島三郎、馬主歴53年目のGI初戴冠。

posted2015/10/26 16:50

 
キタサンブラック菊花賞制し7戦5勝。北島三郎、馬主歴53年目のGI初戴冠。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

世代最強馬ドゥラメンテの欠場で混戦となった菊花賞を制し、王座争いに名乗りをあげたキタサンブラック。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Yuji Takahashi

「菊花賞は強い馬が勝つ」という格言のとおりだった。

 クラシック三冠を締めくくる第76回菊花賞(10月25日、京都芝外回り3000m、3歳GI)を制したのは、メンバー中ただ1頭重賞を2勝していたキタサンブラック(牡、父ブラックタイド、栗東・清水久詞厩舎)だった。オーナーは歌手の北島三郎さん(名義は大野商事)。レース後、北島さんは「GIを勝ったら歌っちゃうよ」と話していた“公約”どおり大ヒット曲の『まつり』を歌い、熱戦に沸いたスタンドをさらに盛り上げた。

スタートから混戦。スタンド前で15馬身以上の縦長に。

 晴天のもと、良馬場のコンディションでゲートがあいた。

 4番人気のスティーグリッツが大きく出遅れたが、ほかの17頭はほぼ横並びのスタートを切った。

 まず、武豊のレッドソロモンが内のキタサンブラックをかわしてハナに立った。17番枠から出た1番人気のリアファルと18番枠のスピリッツミノルがこれらを外からかわし、差をひろげていく。3、4コーナーを回りながらスピリッツミノルが先頭に立ち、リアファルは2番手におさまった。が、2周目よりも丁寧に上り下りしなければならないと言われている1周目の坂を、勢いをつけながら越えてしまったせいか、リアファルの走りにはやや力みが見られる。

 ミュゼエイリアンが3番手、レッドソロモンが4番手で、キタサンブラック、タガノエスプレッソがつづく。2番人気のリアルスティールも好位につけている。

 スタンド前に差しかかった馬群は、先頭から最後方まで15馬身以上と縦長になった。

 1000m通過は1分00秒2。

 そこから流れが落ち着き、13秒1-13秒7-13秒7と13秒台のラップを刻みながら、馬群は少しずつ凝縮され、向正面を進んでいく。

 先頭はスピリッツミノル。リアファル、ミュゼエイリアン、レッドソロモン、タガノエスプレッソとつづく。

 3コーナー手前で、これら先頭グループにアルバートドックが外から並びかけ、一気にかわしにかかった。それに合わせてミュゼエイリアン、タガノエスプレッソらも加速し、そのままミュゼエイリアンが先頭に立った。リアルスティールもキタサンブラックを追い越し、ポジションを上げていく。

【次ページ】 キタサンブラックが、勝ちを決めたあの一瞬。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
キタサンブラック
リアルスティール
リアファル
北村宏司
福永祐一
クリストフ・ルメール
北島三郎
菊花賞

ページトップ