テニスPRESSBACK NUMBER

錦織圭と清宮幸太郎は似ている!?
新時代アスリートの天才的コミュ力。

posted2015/10/16 13:15

 
楽天オープン連覇を逃した錦織。ただ、勝っても負けてもキッチリと記者会見に臨む錦織の姿勢はプロの矜持を感じさせた。

楽天オープン連覇を逃した錦織。ただ、勝っても負けてもキッチリと記者会見に臨む錦織の姿勢はプロの矜持を感じさせた。

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph by

Hiromasa Mano

「ええ……。とてもいい試合でした」

 その瞬間、会見場が暖かい笑いに包まれた。

 10月7日、楽天ジャパンオープン2回戦でクエリーにストレート勝ちを収めた錦織圭が、会見でまず「今日の試合を振り返って」と促されたときのコメントである。

 ただ、言っただけではない。会見場を見回し、頃合いを見計らったところで、少し戯けたように冒頭の言葉を発した。

 その間合い、その仕草も含め、錦織の「気持ち」だったのだ。

 また、9日の準々決勝、チリッチ戦では1セット目を落としたものの逆転勝ち。会見で1セット目を落とした要因を尋ねられると、困ったような表情を浮かべ、こう切り返した。

「まあ、そんなことを言われましてもねえ……。そういうこともあります」

 そこも、あくまでユーモラスに。

 そうした当意即妙の受け答えだけでなく、錦織は、どんな質問に対しても、自分の言葉で、相応の情報量を報道陣に提供した。

 翌10日の準決勝で錦織はペールに今度は逆転負けを喫した。そんな日であっても、さすがに雄弁とまでは言わないが、錦織は会見で可能な限り冷静に、丁重に、対応しているように映った。

2週間一緒にいてほとんど話さなかった子供時代の錦織。

 以前、ナンバー本誌で、錦織のルーツを辿る取材をしたことがあるのだが、証言者の記憶の中にある幼少期から十代の錦織は、いつだって無口で、大人しかった。

 かつてナショナルコーチを務めていたコーチの村上武資は言った。

「2週間ぐらい一緒にいても、トータルで2分半ぐらいしか話さないこともあった。ふぁい、ふぁい、って返事をするだけで。でも今では、人間ここまで変われるかってぐらい変わりましたね。堂々としゃべって。あの、ど田舎の、ガキンチョが(笑)。すごいですよね」

 最近、国内のスポーツ取材現場でよく耳にするのは、「特に意味はないです」といった味も素っ気も無いコメントである。

 現場の状況、聞き方等、そう答えざるをえないこともあるのは重々承知の上だが、言葉があまりにも貧しい気がする。同じ言葉を発するのであっても、錦織のように、もうちょっとユーモアがあってもいい。

 錦織同様、最近、驚かされたのは早実の怪物1年生・清宮幸太郎のコミュニケーション力だ。

【次ページ】 報道陣全員を和ませる、清宮の当意即妙のコメント。

1 2 NEXT
1/2ページ

ページトップ