サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

大勝の裏で遂に起こった「政権交代」。
西川周作が発揮した集中と、叱責。

posted2015/09/11 10:40

 
大勝の裏で遂に起こった「政権交代」。西川周作が発揮した集中と、叱責。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

Jリーグのベストイレブンに3年連続で選ばれている西川周作も、代表では川島永嗣の壁に跳ね返され続けてきた。ついに手にしたチャンスを、つかみ損ねるわけにはいかない。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 小さなうねりが起こっている。

 9月3日にカンボジア、同8日にアフガニスタンとのW杯アジア2次予選に臨んだ日本は、予定どおりに勝点6を積み上げた。カンボジア戦まで湿りがちだった攻撃陣は、アフガニスタン戦で久しぶりに大量得点を記録した。香川真司が、岡崎慎司が、本田圭佑が、原口元気が、称賛に包まれている。

 大切な事実がひとつ、見落とされている。

 長く正GKを務めてきた川島永嗣がいないなかで、日本は2試合連続無失点を記録したのである。32歳の経験者はスタンダール・リエージュ退団後の新たな所属先を見つけられず、23人のリストから外れていた。

 川島に代わってゴールマウスを任されたのは、浦和レッズ所属の西川周作だった。本田らと同じ北京世代の守護神は、すでに29歳となっている。

 アフガニスタン戦を終えた西川は、落ち着いた口調で切り出した。

「2試合連続の無失点ということで、最低限の仕事はできたかと思います。アウェーでこうやって無失点で終われたのは、チームとしても個人としても自信になります。これをまた所属チームに持ち帰って還元したいですし、自分自身のプレーにも生かしていきたいです」

一方的な展開でも、研ぎ澄ませていた神経。

 5日前のカンボジア戦に続いて、アフガニスタン戦も守備機会は少なかった。GKにとっては、プレーのリズムを作りにくい展開である。

 それでも西川は、積極的にゲームに参加した。マイボールの時間帯では、ペナルティエリアから大胆に飛び出した。テレビ画面に映らないエリアで、彼は失点の兆しに神経を研ぎ澄ませていたのである。

「風や気圧の影響で、ボールの伸びかたがいつもとは違っていました。そのなかで、ディフェンスラインの背後へのボールは、できるだけ自分が処理しようと気を付けていました。それから、クロスボールとセットプレーの対応ですね。相手がもうホントに引いてきたので、セットプレーでやられることは絶対に避けなければいけない。そういうことを考えながら、とにかくトライし続けました」

【次ページ】 監督に派手に叱責された前半11分。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ヴァイッド・ハリルホジッチ
川島永嗣
西川周作
ロシアW杯

ページトップ