ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

サッカーでつくる世界との結び目。
~『親子で学ぶサッカー世界図鑑』~ 

text by

幅允孝

幅允孝Yoshitaka Haba

PROFILE

photograph byWataru Sato

posted2015/07/25 10:30

サッカーでつくる世界との結び目。~『親子で学ぶサッカー世界図鑑』~<Number Web> photograph by Wataru Sato

『親子で学ぶ サッカー世界図鑑』サッカー新聞エル・ゴラッソ編集部編 スクワッド 2200円+税

 最近は子供だってずいぶん忙しいのだ。学校だけでなく、塾だ、習い事だと、時間の余白をつくることもままならない。モノも情報もありすぎる検索型の世の中だから、知っていることしか調べないし、未知に対しては臆病になる。

 そんなご時世に抗うように、じつにユニークな図鑑がこのほど出版された。それが『親子で学ぶ サッカー世界図鑑』である。出版するスクワッドは、ピンク色のサッカー新聞『エル・ゴラッソ』で知られるサッカーメディア。そんな彼らがつくる書籍の第1弾が子供向けの図鑑という着眼。じつに素敵ではないか。

 この本はサッカーを入り口にした世界図鑑である。C・ロナウドの登場をきっかけに、「大西洋の真珠」と呼ばれるマデイラ島の観光産業やポートワインの紹介が続く。写真をふんだんに使った本書の特徴は、地域性を知るという横の拡がりだけでなく、時間という縦の軸をもしっかり掘り返すこと。七つの海を制した大航海時代の話や、バスコ・ダ・ガマの話。植民地だったモザンビーク出身のエウゼビオの英雄性や種子島の南蛮貿易など、サッカーを多方面に繋げる。

コロンビアの頁にはコカの葉、エスコバルの悲劇が。

 しかも、僕が好印象を持ったのは、子供をなめていないところだ。例えば、コロンビアの頁には、コカの葉の輸出や麻薬王の話題、射殺されたエスコバルの悲劇に関する記載もある。つまり、子供相手だからといって、隠したりデフォルメを使ったりしない正直な内容なのだ。

 サッカー好きの子供には間違いのないプレゼントになるだろう。けれど、意外に必死で読むのは父親だったりして。

関連コラム

ページトップ