欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

「技術やセンスなんて全く関係ない」
田中順也が語るサッカー選手の条件。 

text by

小須田泰二

小須田泰二Taiji Kosuda

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2015/07/27 10:40

「技術やセンスなんて全く関係ない」田中順也が語るサッカー選手の条件。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

 大いなる野心をもってポルトガルの名門スポルティング・リスボンでプレーしている田中順也。移籍2年目を迎える今シーズン、彼はどんなイメージをもって「成功のビジョン」を描いているのだろうか。

 今回のインタビューではそのヒントを探るべく、こちらであらかじめ10個の「条件(要素)」を書き込んだカードを用意した。卓上でそれらのカードに序列をつけてもらいながら、その理由について聞いてみた。

 その10個の条件は、次の通りだ。

 リーダーシップ 感受性(センス) 技術 オリジナリティ(個性) フィジカル 経験 語学 コミュニケーション メンタル 野心(夢)

最初に選んだのは「野心」のカード。

 カードを並び替えるのに、それほど時間はかからなかった。待つことおよそ3分。同列関係のカードがいくつか出てきた。サッカーのフォーメーションに例えたら、3-2-3-2、もしくは3-5-2ともいうべき形へとカードが配置された。

 まず、田中のファーストチョイスは「野心(夢)」だった。

「やっぱり野心が一番大事でしょう。どんなことにも当てはまると思いますが、サッカー選手になりたいという夢がなければ始まりませんし、海外に渡って挑戦したいっていう気持ちがあったから、こうしてポルトガルでプレーすることができているんですから」

 この「野心」を支える要素として、田中が次に選んだのは「メンタル」のカードだ。もともと海外志向は強かったものの、最後まで移籍先を妥協しなかったことが、結果としてポルトガルへの道につながったという。

「野心を支えるというか、夢を実現させるためには絶対に強いメンタリティーが必要。今回の移籍にしても、もういいやって思っていたら、おそらくいまも日本でプレーしていたと思います。

 海外に挑戦したいといっても、格下のクラブへ移籍したとしたらステップアップとは言えません。これまでスイスやドイツのクラブなどからオファーもありました。他のクラブからオファーが来なかったら……という不安はありましたが、レベルという点で納得できなくて断ったんです。年齢的にもラストチャンスと思っていたところ、スポルティング(・リスボン)からオファーをもらえました。選手のレベルも高いですし、チャンピオンズリーグにも出場する強豪クラブ。ここからさらにビッグクラブに行っている選手もたくさんいますから、改めて考えても、本当にすごいクラブにいるんだなって思いますね。

 ポルトガルにいるいまもそうですよ。絶対に成功してみせるっていう気持ちを持っていなかったら、すでに心が折れていますね(苦笑)。どんなことでも、おそらくメンタルが強くないと長続きしないものだと思います」

【次ページ】 チームで結果を残すために必要な3枚とは?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
田中順也
スポルティング・リスボン

ページトップ