サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

“ぶっつけ本番”用の23人で武漢へ。
東アジア杯最大の敵はブーイング? 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byTsutomu Takasu

posted2015/07/24 11:20

“ぶっつけ本番”用の23人で武漢へ。東アジア杯最大の敵はブーイング?<Number Web> photograph by Tsutomu Takasu

記者会見の時間を自ら延長し、追加で質問に答えたヴァイッド・ハリルホジッチ監督。W杯予選のシンガポール戦でのつまずきを糧にできたかが東アジアカップで問われることになる。

 7月23日 夕方。

 東アジアカップ(8月2日、北朝鮮戦、5日、韓国戦、9日、中国戦)に臨む日本代表メンバー23人が東京・文京区のJFAハウスにて発表された。国際Aマッチデーではないため、欧州組の招集はなし。予備登録に入ったJリーグ、Kリーグに所属する50人のなかから選考された。

NumberWeb担当デスク(以下、デスク)  「いやあ、暑いね。ハリルホジッチ監督は6月のシンガポール戦の後、3週間ほどのオフもあったと思うけど元気そうだった?」

二宮  「外の暑さに負けないぐらいの熱さでした。エネルギッシュに喋りっぱなしで1時間。『長い時間、みなさんに会えていなかったので、この時間を有効に使ってください』と終了予定時間を過ぎても、メディアの質問を受けつけたほどですから」

デスク  「夏バテとか寄せつけない感じだね。さてさて、東アジアカップのメンバーを見た率直な感想は?」

二宮  「僕には“ぶっつけ本番で結果を残すためのメンバー”という感じに見えました。監督は『大会までに1週間ほどトレーニングする時間がほしかった』、『まず申し上げたいのは戦術練習を一度もやれずに日本を発つこと』などと語っていて、30日に出発して初戦の北朝鮮戦まで2日しかない。その状況を踏まえたうえで、このメンバーだったのかな、と」

デスク  「ほう。具体的に言うと?」

二宮  「たとえばファーストステージを制した好調の浦和レッズから5人。西川周作、槙野智章に加えて柏木陽介、武藤雄樹、興梠慎三をまとめて招集していますよね。浦和で見せている攻撃のフィーリングを、代表でも示してほしいという意図もあるのかなと」

両サイドバックをガンバ勢が占める可能性も!

デスク  「浦和やFC東京より多いのは……ガンバ大阪の6人か」

二宮  「6人のうちGK、DFで4人。今回の23人のなかで右サイドバックをチームでしっかりこなしているのは米倉恒貴だけで、いきなり先発起用の可能性だってある。左は太田宏介がケガを抱えています。招集できるかどうかは分かりませんが、藤春廣輝に先発のチャンスがめぐってくるとなれば、ガンバで左サイドハーフを務める倉田秋との連係はお手のものですからね。そういった計算も働いているのかなと」

【次ページ】 クラブでのフィーリングと、若い世代への期待。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ヴァイッド・ハリルホジッチ
アルベルト・ザッケローニ

ページトップ