フットボール“新語録”BACK NUMBER

ドイツ代表が10年続けた“肉体改革”。
「体幹」を超えた「ムーブメント」とは? 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/10/29 10:30

ドイツ代表が10年続けた“肉体改革”。「体幹」を超えた「ムーブメント」とは?<Number Web> photograph by Getty Images

ウォームアップでは各部位の動作を1つひとつ確認するとともに、複数の動きを連動させるエクササイズを行なっている。このようなハイブリッドな動きを毎日繰り返すことで自然な機能性を高める。

「テレビの前でできるような体幹のエクササイズだけでは
不十分。動きの中で体を使えるようになりません」

咲花正弥 (アメリカ代表フィジカルコーチ)

 ドイツ代表がブラジルW杯で優勝できたのは、2000年にドイツサッカー協会が始めた「育成改革」、2004年に就任したクリンスマン前監督による「組織改革」、そして現監督のレーブによるピッチ内の「戦術改革」があったからだ。三者はそれぞれ古い概念を破壊し、イノベーションを起こした。

 ただし、優勝に貢献した“改革”はそれだけではない。クリンスマンによってアメリカから呼び寄せられた『アスリーツパフォーマンス』による「肉体改革」の影響も大きかった。

『アスリーツパフォーマンス』は、1999年にアメリカ人のマーク・バーステーゲンが立ち上げたジムで、アメリカンフットボール、バスケットボール、野球、テニスなど、あらゆるアスリートの肉体強化を担っている。食事や生活の指導を行なうのも特徴。現在は『EXOS』という名前に改名された。

レーブ、クリンスマンの下で働く日本人トレーナー。

 その最先端のジムに所属している日本人がいる。現在クリンスマン監督の下でアメリカ代表のフィジカルコーチを務める咲花正弥だ。咲花は2008年のユーロと2010年南アフリカW杯ではドイツ代表に帯同して、レーブ監督の下で働いていた。『アスリーツパフォーマンス』のトレーニングによって、ドイツ代表がどう変化したかを訊くには絶好の人物だろう。

 今年7月、Number本誌の取材で、咲花にインタビューする機会を得た。本誌はアメリカ代表が主なテーマだったが、『アスリーツパフォーマンス』のコンセプトも聞くことができた。

【次ページ】 「人間が本来持つ機能」から考える。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
咲花正弥

ページトップ