沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

レコードで二冠達成のドゥラメンテ。
陣営が凱旋門賞に慎重な理由とは。  

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2015/06/01 11:45

レコードで二冠達成のドゥラメンテ。陣営が凱旋門賞に慎重な理由とは。 <Number Web> photograph by Yuji Takahashi

ドゥラメンテは一番人気にこたえてダービーレコードでの完勝。騎乗のミルコ・デムーロは馬上で涙を抑えることはできなかった。

 これほど圧倒的な強さで他をねじ伏せる馬を、久しぶりに見た気がする――。

 単勝1番人気のドゥラメンテ(牡、父キングカメハメハ、美浦・堀宣行厩舎)が第82回日本ダービー(5月31日、3歳GI、東京芝2400m)をレースレコードで制し、皐月賞につづく二冠制覇をなし遂げた。

 週間天気予報ではずっと傘マークがついていたのだが、幸いその予報は外れ、絶好の競馬日和となった。

 13万人近い観衆が見守るなか、フルゲート18頭の若駒がゲートを飛び出した。全馬ほぼ横並びのスタートだったが、6番のポルトドートウィユが立ち遅れ、最後方からの競馬となった。

 横山典弘が出鞭をくれて、スタンド前でミュゼエイリアンがハナに立った。3番のコメート、外枠から出たキタサンブラック、スピリッツミノル、タガノエスプレッソらが差なくつづく。

皐月賞から一転、積極的なレース運びのドゥラメンテ。

 単勝1.9倍の1番人気に支持された、ミルコ・デムーロのドゥラメンテは中団の8番手につけている。後方待機策をとった皐月賞から一転して積極的なレース運びとなった。

「1、2コーナーはちょっと掛かった。この馬はテンションが高いので、そこが一番大事」とデムーロは言うが、制御不能なほど行きたがったわけではない。ポジションをとりに行ったときには、どの馬にもよく見られる程度の掛かり方だった。

 その内に、1枠1番から出たサトノラーゼンがいる。「内枠を利用してスムーズに走ることができた」と騎乗した岩田康誠。

 1馬身半ほど後ろにレーヴミストラルら3頭、直後に2番人気のリアルスティール、3番人気のサトノクラウンといった有力馬がつけている。

 ミュゼエイリアンが単騎逃げの形に持ち込んで向正面に入った。

 先頭から最後方まで20馬身ほどと、やや縦長になった。

 中団の前につけたドゥラメンテは、デムーロが重心を後ろにして手綱をガチっと抑えているが、掛かっているというより「溜めている」といった感じの走りだ。すぐ内のサトノラーゼンも同様に、引っ張り切れないほどの行きっぷりを見せている。

【次ページ】 直線入り口、ドゥラメンテが手前を変えると……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ドゥラメンテ
ポルトドートウィユ
レーヴミストラル
リアルスティール
サトノクラウン
サトノラーゼン
キタサンブラック
スピリッツミノル
タガノエスプレッソ
ミュゼエイリアン
日本ダービー

ページトップ