サッカーの尻尾BACK NUMBER

88分間走り続けたチチャリートの涙。
レアルのCL4強進出を決めた“代役”。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/04/23 11:35

88分間走り続けたチチャリートの涙。レアルのCL4強進出を決めた“代役”。<Number Web> photograph by AFLO

現在はマンチェスター・ユナイテッドから期限付き移籍中のチチャリート。今季終了後に買取のオプションが行使される可能性は、今回の活躍で高まったといえるだろう。

 スーツ姿のアンチェロッティと、決勝点を決めレアル・マドリーを準決勝に導いたチチャリート(ハビエル・エルナンデス)は、試合後しばらくの間ピッチの上で抱き合っていた。

 右ひざのアイシングが痛々しい。チチャリートは試合を通して走り回り、得点を決めたあとは、足を引きずりながらピッチを去った。

 会場にメキシコ人の名がこだましている。

 毎試合、ベルナベウでは誰かの名が叫ばれる。ロナウド、ベイル、ベンゼマ、ハメスにイスコ。チチャリートの名前がこれほど何度も連呼されるのは、今季初めてのことだ。

「チチャリートを祝福しなければ。なかなかプレーできず、難しい1年を過ごしていたから。彼は苦しみながらも戦い、必死で練習を続けていた。この得点は彼へのご褒美だ」

 アンチェロッティは、ほっとした表情でこの日の主役をねぎらった。

互いの良さを消しあう「退屈な試合」を決めたのは。

 CL準々決勝レアル・マドリーとアトレティコ・マドリーの第2戦。試合内容は0-0で終わった第1戦と同様、スペクタクルなものとはいえなかった。度重なる対戦で互いを知り尽くし、慎重に相手の良さを消し合う戦いが定着。地元メディアも「退屈な試合」と実況したくらいだ。

 そんな試合を決めたのが、今季ほとんど出番がなく、日陰に置かれ続けたチチャリートだ。試合後のインタビューを受ける彼の目には涙が浮かんでいた。

「これは僕にとって一番重要なゴールだ。今季は苦しんだけど、プレーできないときにも我慢した。チームメイトと家族が僕のことを信じていてくれた。このゴールは彼らのためのものだ」

 現レアル・マドリーのセンターフォワードにおいて、揺るぎない存在となっているのはベンゼマだ。

 ロナウド、ベイルと抜群の連係をみせる彼は、指揮官の絶大な信頼をうけている。チチャリートがピッチに立つのは、ベンゼマの代役としてのわずかな時間だけだ。

 しかしベンゼマの負傷により、チャンピオンズリーグ準々決勝という舞台でプレーするというチャンスが巡ってきた。

【次ページ】 走り続けたチチャリートが報われたのは、試合終了間際。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
レアル・マドリー
カルロ・アンチェロッティ
ハビエル・エルナンデス
カリム・ベンゼマ
セルヒオ・ラモス
欧州チャンピオンズリーグ

ページトップ