セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

セリエA4連覇目前+CL準決勝進出。
ユーベを束ねるテベスのカリスマ性。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/04/28 10:30

セリエA4連覇目前+CL準決勝進出。ユーベを束ねるテベスのカリスマ性。<Number Web> photograph by AFLO

パンツの中にしこんだおしゃぶりでゴールパフォーマンス。そんな意外な一面も、テベスの人気の理由だ。

 ユベントスが、スクデット4連覇に王手をかけている。

 32節のトリノ・ダービーでは、2季連続EL出場を諦めないトリノにまさかの逆転負けを喫し不覚を取ったが、2位ラツィオとの勝ち点差を考えれば、遅くとも5月上旬には、通算31度目の優勝を決める可能性が高い。

 得点力や堅牢な守備だけでは、連覇はできない。

 王者ユーベにあって、他のライバルチームにないもの。それは、今季もMVP候補筆頭のエースFWテベスが発散する、強力なリーダーシップだ。

 大きなケガをせず、90分間走り回ってゴールを奪い、チームに活力を与えるテベスには、ひと癖もふた癖もあるチームメイトたちが絶大な信頼を置く。“この男についていけば勝てる”と、キエッリーニやボヌッチのような曲者DFたちを心底納得させるには、それ相応の結果とカリスマ性が必要になる。

 頼りになるFWとは、リードをもたらしてくれる者のことだ。

 今月18日に2-0の完勝を収めたラツィオ戦で、テベスは17分に技ありのゴールを奪った。現在18ゴールで得点ランクトップを走るテベスによる、今季15回目の先制弾だった。ユベントスの10番を見ていると、世の中には口ばかり達者なFWがいかに多いか、考えさせられる。

プラティニやバッジョと比べても……。

 気風の良いテベスは武骨な荒くれ者だが、堅物でもない。

 ゴール後のおしゃぶりポーズや珍妙なロボットダンスは幼い愛娘に向けたものだし、ラツィオ戦で見せたユーモラスな雌鶏パフォーマンスは、11年前にボカ・ジュニアーズ対リーベルプレートの大一番で見せた曰くつきのもので、ユベントス・スタジアムを大いに沸かせた。

 過去に“ユーベの10番”を背負ったプラティニやバッジョ、デル・ピエーロのようなレジェンド・プレーヤーたちと比べれば、テベスは粗野で優雅さに欠けるかもしれない。だがグラウンド内でのテベスの働きぶりは、先達の彼らに決してひけを取るものではないのだ。

 フィジカルの強さはもちろん、ペナルティエリア近辺でボールを足元に収める技術や低い重心のドリブルからシュートに持ち込むテクニックは、セリエAの全フォワード中随一といっていい。技術に関していえば、テベスは職人肌の選手だ。

【次ページ】 「俺たちは、まず魂で、それから両脚で戦ったんだ」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ユベントス
カルロス・テベス
マッシミリアーノ・アッレグリ

ページトップ