フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

日本人のカップル競技の未来は?
国別対抗戦で注目のペアとダンス。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph bySunao Noto/JMPA

posted2015/04/15 11:00

日本人のカップル競技の未来は?国別対抗戦で注目のペアとダンス。<Number Web> photograph by Sunao Noto/JMPA

ソチ五輪での高橋&木原ペア。ふたりの公式サイトで、高橋は「ペアスケートに出会えた事で自分の人生は変わりました。また、そのきっかけを与えてくれた高橋成美選手に本当に感謝しています」と綴っている。

 4月16日から、国立代々木競技場で国別対抗戦が始まる。3月31日に事前会見が行なわれ、日本スケート連盟から羽生結弦、無良崇人、宮原知子、村上佳菜子らが出場することが発表された。

 そんな中で驚きの発表があった。ソチ五輪代表だった高橋成美&木原龍一のペアが解散したというニュースである。伊東秀仁フィギュア委員長は「詳細はわからない」と多くを語らなかった。だがその日のうちに、2人のオフィシャルサイトに高橋のこういうメッセージが書き込まれていた。

「私は次のオリンピックを目指して、2人で頑張っていくつもりでしたが、数週間前、龍一から『解散したい』と話がありました」

 これにより、解散は木原のほうから申し出たことがわかった。2013年1月の結成から、2年間で競技活動を終えたことになる。

衝撃的だった高橋&木原ペアの解散。

 ペア初体験だった木原にとって、世界選手権のメダルも手にしたことのある高橋の新パートナーになったのは、彼女の経験が頼りになる反面、プレッシャーも半端ではなかっただろう。「日本の後輩の男の子たちにペアの楽しさを伝えたいですか」と何度か聞いてみたことがあるが、木原はそのたびに苦笑しながら「いやあ、ペアってしんどいんですよ」と答えた。

 解散のニュースを最初に耳にしたときは、木原がやはり自分はペアには向いていないと決断をくだしたのか、と咄嗟に思った。だが2人ともそれぞれ、新たなパートナーを募集すると聞いて、正直少し意外ではあった。木原が日本代表としてペアを続けていくのなら、現在のところ高橋以上のパートナーが見つかるとは考えにくい。

 だがパートナーシップには様々な要素があり、相性の善し悪しは本人たちにしか決められないものだ。海外でもとても良い相性に見え、期待されていたペアが電撃的に解散、というのは少しも珍しいことではない。

【次ページ】 ソチ五輪の団体競技で大きな貢献をしたはずが……。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
高橋成実
木原龍一
羽生結弦
古賀亜美
キャシー・リード
クリス・リード

ページトップ