沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

例年接戦の桜花賞でなぜ4馬身差が?
レッツゴードンキ岩田会心の逃げ戦術。  

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2015/04/13 11:25

例年接戦の桜花賞でなぜ4馬身差が?レッツゴードンキ岩田会心の逃げ戦術。 <Number Web> photograph by Yuji Takahashi

デビューした新馬以来の勝利がクラシック制覇となったレッツゴードンキ。2着はクルミナルと、チューリップ賞出走馬でのワンツーとなった。

 何が起きるかわからない。いろいろな結果が出る。それが競馬だ――と、ゴールの瞬間、あらためて思った。

 4月12日の第75回桜花賞(3歳牝馬GI、阪神芝外回り1600m)を制したのは、3戦3勝のルージュバックでもクイーンズリングでもキャットコインでもなければ、唯一の重賞2勝馬ココロノアイでもなかった。

 4馬身差という圧倒的な差をつけて桜の女王となったのは、昨年の阪神ジュベナイルフィリーズで2着と涙を呑んだ1勝馬、5番人気のレッツゴードンキ(父キングカメハメハ、栗東・梅田智之厩舎)だった。

凝縮された馬群が、スローペースを物語っていた。

 良馬場のコンディションのもとスタートが切られ、まず、内の2番枠からムーンエクスプレスがハナに立った。3番ノットフォーマル、4番トーセンラークらが差なくつづく。このまま落ちつくかと思われたところで、これらの外から岩田康誠のレッツゴードンキがまとめてかわして先頭に立った。ゲートから1ハロンほどのところである。

「ほかの馬を見ながらと考えていましたが、前に行きそうな馬が(ハナを)主張しなかったので、牽制しすぎて馬とケンカするよりはいいと思って行きました」と岩田。

 好位の内にクリストフ・ルメールのコンテッサトゥーレがつけ、そこから4、5馬身後ろの馬群のなかに、単勝1.6倍の圧倒的1番人気に支持された戸崎圭太のルージュバックがいる。すぐ内からクルミナル、外からはアンドリエッテという2頭のディープインパクト産駒が上がってくる。ミルコ・デムーロが乗る3番人気のクイーンズリングもこれらのすぐ外につけている。

 1頭大きく遅れたクールホタルビ以外の17頭は、手綱を引っ張りながら、10馬身強に凝縮された馬群のなかにひしめいている。流れが遅いことの証である。

 2番人気のココロノアイは完全に折り合いを欠き、アンドリエッテらを外からかわしていく。

 それと入れ替わるように、何度か戸崎に手綱を引かれたルージュバックがポジションを下げた。

【次ページ】 最後の直線、すべての馬が余力を残していた。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
レッツゴードンキ
クルミナル
コンテッサトゥーレ
クイーンズリング
ルージュバック
アンドリエッテ
クールホタルビ
アドマイヤラクティ
キャットコイン
ココロノアイ

ページトップ