沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

ルージュ一強か、三強か、それとも?
2015年桜花賞はハイレベルな一戦に。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2015/04/11 08:00

ルージュ一強か、三強か、それとも?2015年桜花賞はハイレベルな一戦に。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

きさらぎ賞でも盤石な強さを見せ、牡馬を相手に完勝するなど、いまだ底を見せていないルージュバック。陣営は春の結果によっては凱旋門賞挑戦も視野に入れているという。

 重賞で牡馬たちを蹴散らした「スーパー女子」の一強か。あるいは、その馬をはじめとする「無敗の重賞勝ち馬」の三強か。それとも、ただ一頭の重賞2勝馬を含めた大混戦と見るべきか。

 いずれにしても、今年の第75回桜花賞(4月12日、3歳牝馬GI、阪神芝外回り1600m)は、とてつもなくハイレベルな争いになりそうだ。

 素質馬が揃ったメンバーのなかでも、頭ひとつ抜けていると思われるのは、無敗できさらぎ賞を制したルージュバック(父マンハッタンカフェ、美浦・大竹正博厩舎)である。

 昨年9月28日に新潟芝1800mで行なわれた新馬戦を上がり32秒8という驚異的な末脚で差し切り、2戦目の百日草特別では、のちに重賞を勝つベルーフ、ミュゼエイリアンらを楽に切って捨てた。

ルージュ騎乗の戸崎圭太「ディープに似たところがあるのかな」

 このころから「世代最強牝馬」と評価する声が高まり、それを年明け初戦の前走、きさらぎ賞勝ちで証明した。

 きさらぎ賞では、最初のうちこそやや行きたがる素振りを見せたが、3番手のポジションにおさまると、鞍上の指示を受け入れ、折り合った。人間の指示に従順で、操縦性が高い。だから、後ろからでも前からでも競馬ができる。能力がずば抜けて高いことに加え、競馬が上手なのだから、負けないわけだ。

 関西への輸送も、右回りも経験した。しいて死角を探すと、これまで1800mと2000mしか経験がなく、1600mが初めてとなることぐらいか。だが、それも、広くて直線の長い阪神外回りなら問題なさそうだ。

 主戦の戸崎圭太が、「武豊さんが『飛んでいる』と言ったディープインパクトに似たところがあるのかな」と表現したように、スパートしてからは全身を大きく使って、ケタ違いのバネを見せる。

【次ページ】 ルージュバック、追い切りで思わぬトラブル!?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ルージュバック
クイーンズリング
キャットコイン
ココロノアイ
コンテッサトゥーレ
アンドリエッテ
レッツゴードンキ
桜花賞

ページトップ