沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

ディープ産駒が未だ勝てない皐月賞。
総合力の高さか、“一発”の武器か? 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2015/04/18 08:00

ディープ産駒が未だ勝てない皐月賞。総合力の高さか、“一発”の武器か?<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

皐月賞、ダービーでコンビを組むルメール騎手は「サトノクラウンはハーツクライに似ている」とコメントしている。

 11年ぶりの「無敗の桜花賞馬」誕生が期待された先週は、1勝馬による、30年ぶりの逃げ切り勝ちで決着した。今週の第75回皐月賞(4月19日、3歳GI、中山芝2000m)は順当におさまるのか。それとも――。

 今週末の皐月賞にも、無敗の重賞勝ち馬が複数出走し、2005年のディープインパクト以来10年ぶりとなる「無敗の皐月賞馬」の座を狙う。

 キタサンブラックとサトノクラウンである。

 これら2頭のうち、サトノクラウン(牡、父マルジュ、美浦・堀宣行厩舎)は、早くからクラシック戦線の主役候補と目されていた。

サトノクラウンに死角は見当たらないが……。

 新馬戦を無難に勝ったあと、東京スポーツ杯2歳ステークスでは、直線、前が壁になりながらも、馬群の隙間から突き抜けた。そして年明け初戦の前走、弥生賞を好位から横綱相撲で押し切り、戦績を3戦3勝とした。

 好位で立ち回る器用さ、馬群のなかで我慢できる精神力、動きたいところで動けるレースセンス……と、競馬が大人びている。それでいて、堀調教師は「まだまだよくなる馬です」と、さらなる成長を確信している。

 本番と同じコースの弥生賞できっちり結果を出しており、ここまでの調整過程も順調。前走で手綱をとった福永祐一がリアルスティールに乗るためクリストフ・ルメールに乗り替わるが、これは不安材料にはならないだろう。

 死角なし。負ける形を想像しにくいほどの強さを感じさせる。が、この隙のない強さが、先週まさかの9着に敗れたルージュバックとオーバーラップし、「『何が起きるかわからないのが競馬だ』ということを忘れないようにしなければ」と思ってしまう。

 しかし、その一方で、これには希望もまじっているのだが、「久しぶりに『無敵のヒーロー』誕生の瞬間を見たいし、そろそろ登場していいころだ」とも思う。

【次ページ】 「無敗の桜花賞馬」6頭、「無敗の皐月賞馬」16頭。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
サトノクラウン
キタサンブラック
リアルスティール
ダノンプラチナ
ブラックエンブレム
ドゥラメンテ
福永祐一
クリストフ・ルメール

ページトップ