SCORE CARDBACK NUMBER

佳境を迎えた欧州CL、チームの背後に見える“魂”。
~4人の指揮官とボビー・ロブソン~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/04/12 10:30

佳境を迎えた欧州CL、チームの背後に見える“魂”。~4人の指揮官とボビー・ロブソン~<Number Web> photograph by AFLO

 今季のCL準々決勝は、多くの会場で「再会」が果たされる。

 レアル・マドリー対アトレティコ・マドリーは昨季決勝の再現で、ここ3季で6度目の対戦となるバルセロナ対パリSGはもはやCLの定番になりつつある。

 ポルト対バイエルンでは、フレン・ロペテギとペップ・グアルディオラが監督としてピッチの上で再会する。彼らは現役時代、バルセロナでのチームメイトで、スペイン代表として1994年W杯にも参戦した。CLベスト16のアトレティコ対レバークーゼン戦を共にスタンド観戦するなど親交も深い。

 この試合は本来は「ポルトガル対ドイツ」という組み合わせだが、ふたりの指揮官の存在もあり、そこにはスペインの香りが漂っている。今季のCL登録選手を国別に見るとスペイン人選手の139人が最多だが、スペイン以外のクラブで最も多い5人のスペイン人を抱えるのがポルトとバイエルンだ。特に今季から就任したロペテギはチームを一気にスペイン化させ、今ではロッカールームではポルトガル語よりもスペイン語が多数派だ。

'96-'97シーズンのバルサで同僚だった現代の名将たち。

 そんな環境が功を奏したか、1年目から活躍をみせており、バイエルン戦でも鍵を握りそうなのがクリスティアン・テージョとカゼミーロだ。テージョは3年前にグアルディオラがバルサでデビューさせた選手で、この試合は恩師との対戦だ。昨季レアル・マドリーでシャビ・アロンソからボランチとしてのプレーを教わったブラジル人MFカゼミーロも、偉大な先輩とピッチでぶつかることになる。

「再会」を果たせない人物も、この組み合わせの隠れた主役だ。

 準々決勝に残った8クラブの半数に及ぶ4クラブの監督、フレン・ロペテギ、ペップ・グアルディオラ、ローラン・ブラン、ルイス・エンリケには、ある共通項がある。彼らは'96-'97シーズンにバルセロナでチームメイトとして戦っていたのだ。彼らを率いていたのが、英国人監督の故ボビー・ロブソンである。

 ちなみにこのチームには通訳としてジョゼ・モウリーニョもいた。後進の育成に積極的だった名将が、いかに次世代のサッカー界に影響を及ぼしたかが分かる。

 英国勢のいない準々決勝となったが、4人の監督の背中には英国人である彼の魂も宿っている。

関連コラム

関連キーワード
クリスティアン・テージョ
カゼミーロ
ジョゼップ・グアルディオラ
フレン・ロペテギ
ローラン・ブラン
ルイス・エンリケ
ボビー・ロブソン
ジョゼ・モウリーニョ
レアル・マドリー
アトレティコ・マドリー
バルセロナ
パリ・サンジェルマン
欧州チャンピオンズリーグ

ページトップ