プレミアリーグの時間BACK NUMBER

チェルシーが抜け、リバプール脱落。
プレミア「2位争い」が珍しく熱い! 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byTomoki Momozono

posted2015/04/11 11:00

チェルシーが抜け、リバプール脱落。プレミア「2位争い」が珍しく熱い!<Number Web> photograph by Tomoki Momozono

2位の座を争うマンCのペジェグリーニとアーセナルのベンゲル。どちらにとっても、ポストがかかった終盤戦になりそうだ。

 今季のプレミアリーグも、残すところあと1カ月半。

 4月6日のクリスタルパレス対マンチェスター・シティ(2-1)を受けて、優勝争いはチェルシー有利の線が更に濃厚となった。2位で追走を続けてきたマンCだったが、アウェイでのリーグ戦3連敗でチェルシーとの差は7ポイントに拡大。しかも、残り試合数はチェルシーが1試合多い。その1試合はレスター戦で、チェルシーが最下位の相手を順当に下すと仮定すれば、唯一の対抗馬と見られていたマンCとの差は残り7試合で10ポイントだ。

 チェルシーが土壇場で首位の座から転落する展開は、勝ち方を知るジョゼ・モウリーニョ監督のチームが終盤戦で大崩れするという異常事態でもない限り考え難い。

 トップ4争いも、同じ31節のアーセナル対リバプール(4-1)で第5勢力が事実上消滅した。同節を終えて5位のリバプールは、前節マンチェスター・ユナイテッド戦(1-2)に続く連敗。4位のマンCとも7ポイントの差があり、ブレンダン・ロジャーズ監督自らが「私は現実主義だから」と切り出して、4位以内は「非現実的」と認める結果となった。

 つまり、リーグ王者のタイトルとCL出場権の行方は既に見えたと言える。しかし、だからといってトップ集団によるレース終盤の見所がなくなってしまったわけではない。代わりに注目すべきは「準優勝」争いだ。

例年なら2位から4位は「何位でも一緒」だが……。

 例年、トップ4以内の順位は「首位以外なら何位でも一緒」と言われる。厳密には、4位でのCL出場は予選最終ラウンドからという違いがあるが、プレミアのトップ4常連組の戦力を以てすれば、難なくグループステージ進出が見込めるのだろう。順位に伴うリーグ報賞金の差も100万ポンド(約1億8千万円)程度で、いわゆる“ビッグクラブ”が目の色を変えるほどの規模ではない。

 ところが今季は、第31節終了時点で2位から1ポイント差で並ぶアーセナル、マンU、マンCの全3チームに「準優勝」にこだわる理由が存在する。

【次ページ】 ベンゲルは失った信頼を取り戻すために。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
マンチェスター・シティ
マンチェスター・ユナイテッド
チェルシー
アーセナル
リバプール
アーセン・ベンゲル
ルイス・ファンハール
マヌエル・ペジェグリーニ

ページトップ