ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

オシムがハリルJに口を閉ざす理由。
メディア不信と、両者の微妙な関係。 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/03/26 10:40

オシムがハリルJに口を閉ざす理由。メディア不信と、両者の微妙な関係。<Number Web> photograph by AFLO

3月12日に日本代表監督就任して以来、精力的にJリーグの視察を続けるハリルホジッチ。初陣となる27日のチュニジア戦、どんな采配を見せるのだろうか。

「OK、それがどうかしたか?」

 今から3週間ほど前、次期日本代表監督としてヴァイッド・ハリルホジッチが理事会に推薦されたことを伝えると、イビチャ・オシムは声のトーンを少し下げて、ことさら無関心を装うような調子で応えたのだった。あなたはどう思いますかという私の問いには、「何もない。というのは巻き込まれたくないからだ。(監督選考問題に自分が関わるのは)適切とは言えない」と返してきた。

 その理由を、彼はこう語った。

「そう思うのは日本の新聞には、私が何も言わないのにまるで深くかかわっているかのように書かれているからだ。クラブもそうだが、私は代表監督の人事に関わりたくはない。私は多くの監督をよく知っているし親交もある。彼らと不必要な敵対関係になりたくはない。彼らにしてみれば、私が決めたからそうなったと思えるからだ。それは正しくないし、メディアは私を直接取材せずに私が話していないことも書くことができる。つまり私はとても難しくデリケートな状況の中にいる」

「監督選びのピッチで、レフリーになりたいとは思わない」

 そうであるからこそ、取材も極力断り続けた。スシッチやハリルホジッチについて問われたから、その人物像と監督像は語ったがそれだけのことである。決して特定の誰かを推薦したわけではない。

「すべての監督が、私が彼らに対してネガティブなコメントをしたと言いうるわけだ。(何かを話してしまえば)それをすべて否定しなければならない状況が生じうる。それは絶対に避けたいんだ。だから私は、ある特定の監督に近かったり、好意的な感情を抱いているジャーナリストとの接触を極力避けている。監督選びのピッチの中に入って、自らレフリーになりたいとは思わない。それは正しい態度ではないし、私が他の人々の人生を左右する決定を下す立場にあるとは思えないからだ」

【次ページ】 オシムとハリルホジッチの微妙な距離感。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
ヴァイッド・ハリルホジッチ

ページトップ