NumberEYESBACK NUMBER

“怪物”井上尚弥が占うメイウェザーvs.パッキャオ。
~究極の盾と矛、上回るのは?~ 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/03/16 10:00

“怪物”井上尚弥が占うメイウェザーvs.パッキャオ。~究極の盾と矛、上回るのは?~<Number Web> photograph by Getty Images

 47戦無敗のまま5階級制覇を果たしたフロイド・メイウェザーと、6階級を制したアジアの英雄マニー・パッキャオ。世界最強を決めるビッグマッチがついに実現する。

 この一戦を待ち望んでいたのは、ファンだけではない。WBOスーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋ボクシングジム)も興奮を隠せない。

「すべてが次元の違う試合になると思います。見所は、メイウェザーの天才的なディフェンスを、パッキャオが崩せるかどうか。この1点に尽きます。

 ボクサーとして、好きなのはパッキャオです。凄まじい踏込からの左ストレートが繰り出されると、会場が盛り上がるじゃないですか。常々、熱い試合をしたいと思っているので、あの攻撃スタイルは自分も取り入れていきたい」

「パッキャオは、序盤から攻撃的に行くと思う」

 昨年12月30日に見事なKOで史上最速となる8戦目での2階級制覇を果たした井上の武器は、圧倒的なパンチ力。だが本人は「長くトップで戦っていくためにはディフェンスが重要」と語る。だからこそメイウェザーのディフェンス力を高く評価しており、試合もメイウェザー有利と予想する。

「パッキャオは、序盤から攻撃的に行くと思います。初めての相手と戦うメイウェザーは、“間”や“タイミング”、“パンチ力”を自分の中にインプットできるまで、しっかりと様子を見ていくはずです。

 ある程度ラウンドが経過すればパッキャオの攻撃がメイウェザーに見切られる可能性が高い。そうなれば、パッキャオとしては厳しい展開になる。階級を上げてきた最近のメイウェザーは攻撃力を少し落として、よりディフェンス重視のスタイルにシフトしている。ポイントアウトできるのが分かれば、最後まで徹底して勝利を追求するはずです」

 オスカー・デラホーヤやミゲール・コットら幾多の名ボクサーの攻撃を読み切ってきたメイウェザーのディフェンスを崩すにはどうすればいいのか。

【次ページ】 「自分が戦うなら、あえてメイウェザーに……」

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
マニー・パッキャオ
フロイド・メイウェザー

ページトップ