サッカーの尻尾BACK NUMBER

リスボンで評価が分かれる田中順也。
突出する、練習でのあるデータとは。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/03/11 16:30

リスボンで評価が分かれる田中順也。突出する、練習でのあるデータとは。<Number Web> photograph by AFLO

今年1月11日に初ゴールを挙げた田中順也。現在リーグ戦3得点だが、出場機会は増えてきているだけに、まだまだ伸びていきそうだ。

 スポルティング・リスボンの田中順也の今シーズンについて、現地ポルトガルでの評価はふたつに分かれている。

 レコルド紙のアントニオ・ベルナルディーノ記者は出場時間とゴール数という結果を見て「チャンスはあったがタナカはそれを活かせなかった。決定機も多かったが、点に繋げられない」と厳しい評価を下す。

 数字ですべてが評価される世界だ。なによりゴール数がその最大の判断材料となるフォワードであることを考慮すると、今季リーグ戦3得点の田中は、このような低い評価になってもおかしくはないだろう。

一方で根強い、FW田中を評価する声。

 しかしその一方で、FWとしての田中に一定の評価をする声も根強くある。

 ア・ボラ紙のヌーノ・サライバ・サントス記者は「タナカはライオンのように、ハードワークをし続けることができる。運も彼に味方していない面もある」と好意的な見方をする。

 テレビ局SICのヌーノ・ルスも「出場時間に対する得点率は悪くない。スリマニ、モンテーロの中では、むしろ最も効率的に結果を出しているFWだ」と語る。

 リーグ、リーグカップ、ポルトガルカップの3大会で得点を決めていることも評価の対象になっている。

 スポルティングのマルコ・シルバ監督も田中を評価し、「タナカの努力を無視することはできない」と、リーグ戦やヨーロッパリーグのヴォルフスブルク戦など、重要な試合で先発に起用、チャンスを与えてきた。

「だからこそ、決めなければならなかったんです、あの試合は。チャンスだっただけに……」

 田中はそう振り返る。

【次ページ】 田中が最も悔やんでいる試合とは?

1 2 3 NEXT
田中順也
スポルティング・リスボン

ページトップ